私のもうひとつのブログです。よろしく

フォトアルバム

ウェブページ

« ヒュウガミズキ、狂い咲き | メイン | モンゴルノギク »

2009年10月26日 (月)

セキヤノアキチョウジ、満開

昨日は標高の低い里山に登ってきたのですが、その中腹、そうですね、標高300m程度で、アキチョウジが咲いているのを見かけました。

アキチョウジはこちらの山では標高500m以上ぐらいから良く見かけますが、里山でも咲くのだな~とまじまじと眺め、そして撮影してきました。

でも、良く考えるとそれもそのはず、我が家の庭に植えてあるセキヤノアキチョウジもずいぶん元気が良いのですから、ある程度環境が合えば、標高が低くとも充分育つんですね。

Pa266816

庭石の根締めというか、特にそういう気持ちもなかったのですが、3年前に植えつけておいた株です。

もともとは種から育てた株ですが、環境が良かったのか、今年は満開です。

これは庭と言っても大して出来のいい庭ではないですが、もっと大きい庭石のあるほうの石の根締めに植えておいても良かったかなと思います。

夏に主人が切り戻しをしましたが、それでもまずまずの草丈で咲いてくれました。

Pa256174 ほんとに見れば見るほど綺麗な花ですよね。

Pa256239 こちらは昨日の里山で見かけたアキチョウジです。

四国の野山にはセキヤノアキチョウジではなく、アキチョウジのほうは自生するんですよ。

これもたぶん草刈に遭ったからでしょうか、草丈が低いままで咲いていました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/1251/22099585

セキヤノアキチョウジ、満開を参照しているブログ:

コメント

こんばんは。
見事に咲きそろったセキヤノアキチョウジですね。やはり大地の力はすごい!
うちのセキヤノアキチョウジは鉢植えなので、花もまばらで元気がありません。
アキチョウジは鉢からこぼれて敷石の隙間に芽生えたものが立派の花を咲かせました。
どんなに狭くても大地に根を下ろすと勢いが違います。
アキチョウジは西の方のお花なんですか、、、うちのは頂き物のタネからなんですよ。

うふふ…これが丈夫なお子さんのセキヤノアキチョウジさん。
楚々とした風情なのに、見た目より強健なんだ~
セキヤノアキチョウジが東でアキチョウジが西でしたっけ?
そのアキチョウジですが、
まだ山野草の栽培がよく分かってなかった頃、
色と姿にほれ込んで手に入れたけど、
確か、すぐ枯らしちゃった覚えが…
今ならなんとかなるかな~?

プルメリアさん、こんばんは。
今年のセキヤノアキチョウジ、なかなか良いでしょう?
この株、切り戻す前にはなんと私の背丈より高くなっていたんですよ。
私はどうも切り戻しが苦手で、主人のほうが邪魔になるからと言って、遠慮会釈なく
バシバシ切り戻すのです。
それが功を奏するようで、去年も今年も、ここの株は綺麗に咲きました。
畑にも植えていますが、そちらは切り戻しをしなかったので、背が高いまま咲いてますよ。
こういうお花はやはり地植えがいちばんでしょうかね。
生け花は下手なんですが、茶花風に生けると良さそうですね。
ただのアキチョウジは岐阜以西に咲くそうですよ。

pawさん、こんばんは。
そうそう、これが丈夫なお子さんですよ。

植えっぱなしで毎年咲いてくれるし、年々、株も充実するようで良いですよ。
アキチョウジよりもセキヤノアキチョウジのほうが見た目が豪華なのは花序が長いからの
ようです。
でも、私も秋にはあまり本州には行かないので、自生のセキヤノアキチョウジは見たことないです。
セキヤノ・・・が東で、アキチョウジが西に分布しているようです。
なので、私やpawさんにはアキチョウジのほうが馴染み深いですよね。

これは鉢植えより半日陰に植えておくほうが、手がかからないですよ。
山でも意外と乾燥している場所でも平気で咲いてますから。
この前、近くのHCで白花、青花、桃花、全部の種類のアキチョウジ、売ってましたよ。

コメントを投稿