私のもうひとつのブログです。よろしく

フォトアルバム

ウェブページ

« ヤナギバチョウジソウとチョウジソウ | メイン | 種交換の種から、その1ベニバナダイコンソウ »

2007年5月28日 (月)

アナガリスとルリハコベ

もともと青い花が大好きで、もう10年ほど前から園芸カタログを見ては青い花の種を取り寄せて育てていました。ファセリア・ブルーベル、フェリシア、ネモフィラなどなど・・・そんな青い花の仲間にアナガリスという花があって、ここ6~7年、私の畑の定番の花となっています。

P1100310

アナガリスは種がなかなか完熟しないので、今まで自家採取があまり出来なかったのですが、それでも去年は種がうまく採取できました。一年草ですから種まきは秋で、翌年の春4月末頃から咲き始めます。

↑画像は珍しくこぼれ種が育って、この前から畑で咲いている株です。ブルーの色が一番良く出ていると思い、これをトップにアップしました。品種はアナガリス・ブルーピンパーネルというのだったと記憶しています。日本の種苗会社からは多分種は出てないので、英国製の種を取り寄せました。

P1090109 ほんとの花色がうまく出ていませんが、かなり咲きあがってきた株です。株は日に当てないでおくとひょろひょろと徒長しがちなので、寒さが一段落した早春に地植えすると良いようです。地植えすると株もがっしりしてきて花つきもぐっとよくなります。株が大きいと花も大きくなるのか、畑植のは花の直径が2センチはあります。花弁もふっくらと幅広ですね。

サクラソウ科の花で、なかなか可愛い花です。

P1090541 こちらは芝生花壇の方にかなり早めに植えつけたもので、株はあまり大きくなっていません。花のほうも畑植えのものより小さめです。

P1070601 一方、こちらは野草のルリハコベです。

去年、たまたま知り合った植物の会の方が、鉢に植えたまま、下さったものです。

園芸種のアナガリスが花径2センチもあるのに、ルリハコベのほうはわずか5mmもありません。ルリハコベという野草の存在はかなり前から知っていたのですが、自生は見たことがなかったのですが、まるで園芸種をミニチュアにしたといっても良いほど、花はそっくりです。

P110067 さきほど、畑からアナガリスの花を一輪ちぎってきて、ルリハコベの花と比べました。大きさがずいぶん違うのがおわかりいただけると思います。

P1070591 この朱赤の花はアカバナルリハコベとも言うようですが、植物の会のHさんに寄れば、ベニハコベでいいそうです。これもHさんからいただいた鉢植えのベニハコベです。九州や四国の海岸沿いで自生しているそうですが、私はまだどちらも自生は見たことがありません。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/1251/6987290

アナガリスとルリハコベを参照しているブログ:

コメント

凄いですね見事咲かせて 私も種を蒔きましたがかなり古い種なんで 発芽が心配でしたが 今
10株くらい赤ちゃん苗 育てています、まいたのが四月だから咲いてくれたら嬉しいです 結構プランターとかでもいいですか? 青い花は私も好きでファセリア
のらな ブルースター
アマ ヘルンリーブルー ツユ草の透明な青もいいですね
などやってます ☺お花は癒されますね

松本さん、こんばんは。

この記事は2007年にアップした記事ですけど、アナガリス、ルリハコベ
アカバナルリハコベは今年もちゃんと咲きましたよ。

最近は自家採取の種で苗を立てています。

松本さんが4月に種まきされたのはアナガリスでしょうか?
アナガリスは秋播きしかしたことがありませんが、耐寒性があまりないので
寒い地方の方なら、春播きになるでしょうか。
これは最近ではタキイかサカタから種が発売されていたと思いますが、今年は
どうなんでしょう?

私も以前は青花をかなり育てていましたが、今はどちらかというと山野草が多く
なりました。
でも、ファセリアやアマ、ヘブンリーブルーは今でも毎年育ててますよ。

コメントを投稿