私のもうひとつのブログです。よろしく

フォトアルバム

ウェブページ

« クロバナオダマキ、開花 | メイン | クリスマスローズを生ける »

2009年3月30日 (月)

シブガキの芽吹き

落葉樹の芽吹きの時期は正確で、うちのシブガキの木は丁度桜が咲き始める頃になると新芽を出します。

P3305736

毎年、3月末か4月初めの頃、中庭で見上げると小さな緑の点が無数の枝先に見えてきます。シブガキの芽吹きです。毎日毎日、それとわかるほど、点は大きくなり、やがて緑の面へとあっという間に広がります。

P3305734 勿論、桜の開花でも春を感じますが、木々の芽吹きも春を感じさせてくれる大きな要素ですね。

車で山地を走っていると、まず、ヤシャブシの仲間が芽吹きを始め、続いてアベマキやコナラが芽吹いてきます。芽吹きの色はそれぞれ違っています。

我が家の中庭のシブガキもこの場所で、家族を見守り、中庭に咲く花を強い日差しから守ってくれてきました。クリスマスローズやバイモがこの場所ですくすくと10年以上も育ったのはシブガキのおかげです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/1251/19138579

シブガキの芽吹きを参照しているブログ:

コメント

keitannさん、おはようございます(^O^)。 山は芽吹きの季節となりましたね。 私の住んでる住宅地から見える山も、色が変わって来ました。山桜や落葉樹の芽吹きは、本当に色が様々で、きれいです。実のところ、私はソメイヨシノより、白っぽく、少し葉も出る、ライム色の「山桜」の方が好きなのです♪ソメイヨシノはきれいですが、ちょっと色っぽすぎるかなf^_^;。 我が家のシンボルツリーの「ハウチワカエデ」も芽が膨らんで来ました。芽が膨らむと、枝も息を吹き替えしたように、赤っぽくなります。山の色とりどりも、こんな感じなのでしょうね。うちの地植えのクリローも、このハウチワカエデに守られています。 そうそう、クリローの芽!5つだけですが、出て来ましたよ!何度もカラカラにしてしまい、あきらめていたのに。すごく嬉しいです。言われた通り、あきらめないで良かったです。 我が家の「タチツボスミレ」も満開です。 私は「里山を守る会」みたいなのに入っているのですが、手入れが入っていない下草を刈ったりすると、春になると、途端に、すみれの群生が現れるので、不思議です。自然のままが良いのでは?と思うこともあるのですがね。 寒さで、足踏みしていたソメイヨシノも、今週末が見ごろみたいですね~♪

なずなさん、こんばんは。
山々は今がいちばんいい頃ですね。ヤマザクラのピンクにコナラなどの芽吹きの柔らかい緑・・・。
私もヤマザクラのほうが好きですよ。表情がありますよね。
お庭にハウチワカエデを植えてらっしゃるんですね。石鎚山などの山に行くと「コハウチワカエデ」などが
よく自生してますよ。かえでなどの芽吹きもとても綺麗ですよね。
クリローの発芽は意外と簡単ですよ。発芽した後も、念に一度ぐらい植え替えをしてやれば、すくすくと
大きくなります。
そうですか、下草を刈るとスミレが咲くんですね。スミレに限らず、野草の多くは人の手が少し入ると、とても
元気になるようですね。セツブンソウなどはその良い例ですね。
また、人の手が入らないところでも、雪が積もるところなどは良いみたいですね。自然の摂理ってうまくできてますね。

コメントを投稿