« 採り播きの種、早くも発芽 | メイン | 蛍狩り »

2005-06-15

夏山の計画は・・

昨日は東京在住の後輩と二時間近くも長電話をしてしまった。

予定がうまく合えば、夏に一緒に仙丈に登ろうという話を前々からしているんだよ。

しかし彼女もいろいろと用事を抱えているので、6月末にならないと7月の予定がわからないらしい。

一昨日、山道具の店で買い求めた南アルプスの登山用の地図を広げながら、話が弾む。私は甲斐駒には黒戸尾根から登っていて、仙丈だけが赤線がぽっかりと抜けている。

縦走するといっても一泊では縦走も難しく、結局、北沢峠から一日は仙丈に、もう一日は甲斐駒にということになるかなぁ。

dsc00769 画像は大学3年のときに北海道合宿の後、この後輩と北海道をぶらぶらした時のもの。

利尻をバックに写したんだけど、電話でも「なぜ、このとき、ついでに利尻に行かなかったのかなぁ?」と話したことだよ。

若い頃は時間だけはたっぷりあったけど、もしかしたらお金がなくて行けなかったのかな?

さて、なんとか都合がついて南アルプスに行けるといいけど。

dsc00807 この前から私が広げている地図とガイドブック。もっとも一番下の五万図とガイドブックは30年前のものだから実用には遠いかも。

左の地図は2005年版の最新のもの。最近はこんな言い地図も出ているんだね。

昔の地図なんて懐かしむだけの存在かと思ったらそうでもないらしい。山用具のお店のオニイサンが言うには「昔の峠道歩きがブームになっていて、結構、高く売れるらしいですよ」だって。

最新の地図には昔の峠道などは記載されてないものが多いらしいよ。ふーむ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/1251/785725

夏山の計画は・・を参照しているブログ:

コメント

いやぁぁ~~、どちらのご婦人がkeitannさん?? わっかんないなぁ。(*^_^*) 南アルプス行けるといいですね。全然関係ないけど、行けない私の分まで楽しんできてー。ガハハ・・・(^^ゞ 

ウン十年前の地図やガイドブックを今でも持っているなんて、物持ちが良いんですね。でもそれだけじゃないですよね。きっと楽しい学生生活ですばらしい時間だったからでしょうね~。

こんばんは!三太郎です。
夏に南アルプスですか。花が沢山見れそうですねえ。
憧れの黒戸尾根は登ったことないです。もう体力なくて登れないかも。
だいたい甲斐駒もまだでした。仙丈岳には5月の連休に上ったので雪だけでしたし・・・
また北岳にお花畑を見に行きたいですね。

primroseさん、こんばんは。
あはは、どちらが私だと思われますか?(^^;)
何しろ最低でも2泊か3泊は必要なので、お互いの予定が立てばいいんですけどね。
山関係のものは何一つ捨てずに持ってきましたよ。同期の男の子と以前電話で話していたら、彼もやはり全部取ってあるよって言ってました。山道具や地図は青春の証しみたいなものなんです。学生時代は楽しいことばかりではなく、むしろ苦しいことや辛いことのほうが多かったと思うんだけど、何故か、今思い出すのは楽しい思い出ばかりですね、不思議です。

南アルプス、実現すればいいんですけどね。
今夜は実は娘と末っ子と一緒に満濃池という大きな池の近くに蛍を見に行ってて、先ほど帰ってきたところです。
娘がハンドルを握っていたのですが、千葉在住の先輩から丁度、携帯に電話が入り、先輩も仙丈だけが行ってないので、同行したいということでした。賑やかになりそうで嬉しいです。
黒戸尾根・・長いですよ~。大学二年の初夏にサブリーダーとして登ったのですが、パーティーの男の子の一人がばててしまって、予定の幕営地まで行けず、結局、駒~仙の予定が駒だけで終ったのです。
北岳もお花の山として有名ですよね。
ここも二年の7月に大樺沢コースを登りましたが、ものすごくハードでばてる寸前でした。お花を愛でる余裕などとてもなかったような?
横浜からだとアルプスは近いですからいいですね。
南は何しろ山がでかいです。(^_^)

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく