2017-12-11

忘年登山で高松市街地の山をめぐる、その3、植物散策が楽しい

野山の登りでは、今までと植生ががらりと変わり、いろいろな植物が出てきてなかなか楽しい時間でした。

Pb265163

続きを読む »

2017-12-09

忘年登山で高松市街地の山をめぐる、その2、古墳が出てきた

アベマキの林を抜けると、見通しの良い岩場に出ます。

ここは南展望台ということになっているそうで、展望台というだけあって抜群の眺めです

Pb265115

続きを読む »

2017-12-08

忘年登山で高松市街地の山をめぐる、その1、石清尾八幡集合

今年も香川の山仲間の忘年登山が11月26日にありました。

細々と女性4人で始めてから10年近く、今では人数も増えて今年は忘年登山には8人が参加され、夜の忘年会は10人が参加されました。

今年は高松の仲間たちが幹事役をされ、高松市街地の山々をめぐるコースを設定してくださいました。このコース、一部は2011年2月に歩いていましたが、今回はもっと長い距離を歩く予定だそうです。

高松の栗林公園の背後に見える紫雲山にも登る予定です。前もって下見してくださったEさんとKさんはほぼ休憩なしで5時間もかかったとか。私たちの足だったら7時間はかかるかも?

Pb265261matinami

続きを読む »

2017-12-07

早くも本格的な霧氷を楽しんだ寒風山、その7、下山後は温泉で暖まる

岩場で寒そうな景色を撮影している間に、岡山の団体さんはどんどん下られて、姿があまり見えなくなってしまいました。

Pb194978muhyounohana

続きを読む »

2017-12-05

早くも本格的な霧氷を楽しんだ寒風山、その6、白いサンゴ礁?

山頂に着いたのは11時50分でした。

登山口にはあれほど車があったのに、山頂には人影が見えない?と思ったら、風を避けて、みなさん山頂のちょっと下にいたようです。

Pb194888

続きを読む »

早くも本格的な霧氷を楽しんだ寒風山、その5、寒そうなシーンの連続

やがて、最初の梯子が現れる岩場のところに差し掛かりました。

秋にはダイモンジソウなどが可憐に咲く場所ですが、この日はなんとも寒そうな眺めでした。

Pb194833

続きを読む »

2017-12-03

早くも本格的な霧氷を楽しんだ寒風山、その4、霧氷さまざま

結局、この辺りを歩いていた時間帯が、下山するまでではいちばん天気がまだましだったようです。

いつ青空が出るかと、しばらく待ったり・・・私たちの後から登ってこられたご夫婦の方もしばらく晴れ間を待っていたようです。

Pb194763

続きを読む »

2017-12-01

早くも本格的な霧氷を楽しんだ寒風山、その3、霧氷に目を奪われる

桑瀬峠には9時56分に着きましたが、ここは風の通り道になっているので、寒い日には休憩するのには向きません。

5分ほど進んだ樹林帯で休憩を取ることにして、歩いていきます。

Pb194717

続きを読む »

早くも本格的な霧氷を楽しんだ寒風山、その2、見慣れた植物も綺麗に

考えたら、私は寒風山には初夏から秋にかけてしか登ったことがなく、霧氷や雪の季節にはほかの山ばかりに登っていたのでした。

これほどお手軽に登れる寒風山に今まで冬場に登っていなかったのが不思議と言えば不思議です。

Pb194668

続きを読む »

2017-11-30

早くも本格的な霧氷を楽しんだ寒風山、その1、山裾は紅葉中

11月の第三週末は2週間ぶりでいつもの山仲間3人でそろって歩けることになりました。

Pさんと私は第二週末も紅葉を楽しんだので、今回の行き先は前回歩けてなかったRさんの行きたいところにしましょうということになりました。

山行予定日の19日は週間予報では天気はイマイチなのですが、週半ばにRさんから霧氷狙いで寒風山に行きませんかとラインで連絡がありました。Pさんも私も特に異存はありません。ただ、19日は11月とは思えないほどの寒さになるようなので、Pさんが車のタイヤを急遽、冬タイヤに替えてくれることになりました。装備も軽アイゼンを念のため持っていくことにします

Pb195009

続きを読む »

2017-11-29

残り紅葉を楽しむ鋸山~豊受山、その6、車道わきでシマカンギクとノコンギク

車を駐車したところまで帰ってきたら、後ろから朝方追い越された単独女性が歩いてこられました。

お話しを聞いたら、やっぱり赤星まで行かれたそうです。私たちより後から登り始め、私たちより余分に2時間の行程を歩かれたのに、下山は私たちとほぼ同時です。もちろん、私たちよりずっとお若い方なのですが、それでも40代ぐらいでしょうか。何より、松山から単独で来られてロングコースを歩かれるというところがすごいですね。ガッツがあります。

私たちはと言えば、朝はまだ薄暗くて車道沿いの紅葉が楽しめなかったので、帰りは車窓から紅葉を楽しみましょうということに・・・。

Pb124848

続きを読む »

2017-11-28

残り紅葉を楽しむ鋸山~豊受山、その5、帰りは西日の紅葉を楽しむ

三度ヶ嶽は、これまた展望の良い場所なので、ここでゆっくりと本日二度目のコーヒータイムを取ることにします。

目の前には形の良い赤星山が聳えています。四国では有名な花の山ですが、私もまだ秋には登ったことがありません。

Pb124727

続きを読む »

2017-11-26

残り紅葉を楽しむ鋸山~豊受山、その4、豊受山頂に着く

フライパンがあるところからは、山頂までそれほどかからなかったな~と、以前の記憶を手繰り寄せます。

山も一度しか歩いてないところは、記憶がどうしても曖昧になりますね。

Pb124685

続きを読む »

2017-11-25

残り紅葉を楽しむ鋸山~豊受山、その3、絶景を眺めながらモーニングコーヒーを楽しむ

七々木山三角点がある場所は南向きで日当たり良好、展望良好で、こんな場所で休憩せずどこで休憩する?というような良い場所でした。

この季節なので、誰も来そうもないことだし、持参したチーズケーキでコーヒーをゆっくり飲みましょうということで、岩にどっかりと腰を下ろします。

コーヒーを淹れながらも、素晴らしい展望に目はきょろきょろしてしまいますね。

Pb124642

続きを読む »

2017-11-24

残り紅葉を楽しむ鋸山~豊受山、その2、晴れてきた

鋸山と言えば、休憩するのは大岩の上ですね。

大岩の上に出たら、朝方は雲がかっていた豊受山方面もこの頃にはすっきりと見えるようになっていました。

Pb124580_2

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく