展望

2018-11-20

サガリハゲに南から這い上がる、その6、念願のサガリハゲへ

お昼休憩した場所から少し登ったら、西側の展望が開けてきました。

お日様がすでに少し西に傾いているので、日が当たった山肌が紅葉してとても綺麗です。

Pa283910

続きを読む »

2018-11-19

サガリハゲに南から這い上がる、その5、急登に喘ぐ

1449mの切禿からはいったん下りになります。

あ…、また登らないといけないのに、どこまで下るんだろう?勿体ない・・・

Pa283847GさんとBさんの行く手に聳えているのがサガリハゲの手前のコブ。

ほんとのサガリハゲはそのまだ向こうにあるらしいです。

う~~ん、なかなか手強いですね。

Pa283838後ろを振り返ると、1449m峰から下っている尾根に、いろいろな木の葉が・・・

Pa283849

紅葉した木々の向こうに見えているのは矢筈山から黒笠山へと伸びる稜線でした、

Pa283853これもコハウチワカエデかな?

黄色いシロモジはこの辺りではすでにほぼ落葉していました。

Pa283854いよいよサガリハゲへの登りが始まったかと思ったら・・・

Pa283857またまた下ります。

一体、どこまで下るんでしょう?

それにしても、このコースはブナの大木、ミズナラの大木が多くて見ごたえがあります。

この辺りまで来たら、困ったことにスマホが急に充電切れになって電源が落ちました。やばい…ログを取っているのにログが途切れるので、慌ててザックからモバイルバッテリーを出して、スマホに繋ぎます。

Pa283859

今度こそ急登が始まったようです。

何かを掴まなければ登れないような状態です。

Pa283861ここにもアオハダの赤い実。検索したらこの果実を食べてみた方がいるようで、「苦い」とありました。その前に毒性はないのかしらん?

見た目は美味しそうなんですけどね。

Pa283862

樹に間から時おり見えるのは黒笠山。

私は登ったことがないのですが、Mさんの折り紙つきです。

Pa283863

見上げると、標高1500から上は落葉した木が多いですね。

紅葉の盛りは、この頃は標高1000m~1400mだったようです。

Pa283864Gさん夫婦とは、この時はそれほど離れていなかったのですが、それなのに二人ともかなり上のほうに見えます。

それだけ勾配が急だということです。

Pa283865道はないので、自分で登りやすいところを登っていきます。

Pa283866

見事に赤く染まっています。

Pa283867

これは真っ赤に燃えたドウダン・・

Pa283870いろいろな色が混ざっています。

Pa283876ブナが数本固まって生えているところも美しく染まってます。

Pa283878

ブナの褐色とシロモジの黄色。

Pa283879

時折、大木が出てきます。

前の3人はすいすい登られますが、私はなかなか足が上がらず困ります。

Pa283880西側のカエデの紅葉が見事で、急坂を登りながらも視線はついついそちらへ・・・

Pa283881ぁ・…いったいいつまでこの急坂が続くんだか?

Pa283883前の3人は大岩の手前で、私たちを待ってくださってるのですが、これがなかなか追いつけないのでした。じっとしていると、後ろへ転がりそうな急坂で、ストックもきかないので、小さなササを掴んで登るよりありません。

Gさんがあと90mほど登ったら(垂直距離で)少し平らになるので、頑張ってそこまで登って休憩にしましょうとの提案。

しんどいけど、仕方ないか・・・・

Pa283884

南には天狗塚や牛ノ背が木々の間から姿をの祖かせています。

Pa283887

この急登のコースのすぐ西側の紅葉はカエデが固まって生えていて、これがなかなか見事でした。

Pa283889かなり上のほうで待ってくださってるGさん。

あのあたりまで行ったら、少し平坦になってるのかしらん??

そろそろお腹も空いたし、休憩したいのですが・・・

Pa283890

体はしんどいのですが、ブナの紅葉に目がくぎ付けです。

Pa283893ようやく先ほどの岩場の上に差し掛かりました。

Pa283895

それでも、まだ急坂が続きます。

いったい、いつまで続くんだか?

Pa283897急坂が少しマシになったので、佇んで眺めると、ナナカマドの果実が見えました。

葉はもう枯れかけていますね。

四国のナナカマドはちゃんと紅葉したのかな?

Pa283900ここまで来たら、剣山と次郎笈が姿を現しました。

思ったより近く見えますね。

Pa283901それまでの急登がやっとこさで、普通の登りになりました。

やれやれ・・・

Pa283902あの赤い実は?

果実が上を向いて生っているのでおそらくヤマボウシですね。

ズームして撮影したら、やはりヤマボウシでした。

Pa28390312時48分、少し平坦な場所に出たので、ここで休憩となりました。

約80分ほど、急登であえいだことになります。

各自、お昼にしますが、この先もまだ登りが待っているので、私はおむすびを一つだけお腹に入れました。コーヒーを飲んでる時間はなさそうです。この日は5人分のレギュラーコーヒー持参だったのですが・・・

Pa283906

13時18分、今度こそサガリハゲ目指して登り始めます。

先ほどまでの急登は影を潜めたようで、ほっとしました。

2018-11-09

噂のUFOラインを歩く、その6、ホソバノヤマハハコも咲いて・・・

もう駐車地点まで、そう遠くはないだろうなと思われる頃、上を見上げると華やかな紅葉が見えます。

Pa133159

続きを読む »

2018-11-08

噂のUFOラインを歩く、その5、まだまだ花が咲いてる

自念子の頭へはほんのひと登りで行けるようで、登山者でなくドライブのついでに登られる方がほとんどのようでした。

Pa133049

続きを読む »

2018-11-07

噂のUFOラインを歩く、その4、東黒森を越えて林道へ

それまで花の終わったアサマリンドウをたくさん見ていたのですが、ここで初めて咲いているアサマリンドウを見ました。

Pa132986

続きを読む »

2018-11-04

噂のUFOラインを歩く、その2、アサマリンドウの時期はさぞや・・

伊予富士といえば、私の中では展望が良いのと、笹原が素晴らしいこと、そしてアサマリンドウがたくさん咲く山というイメージがありました。

今回の登山口は登り始めて1時間ほどで伊予富士に着くという、ずいぶん楽なコースらしいです。

そして、このコースも、やっぱりアサマリンドウがたくさんありました。

Pa132867

続きを読む »

2018-11-01

噂のUFOラインを歩く、その1、本日の登山口は?

苗場山&東京から帰ってきたのは10月7日のことだったのですが、その週の週末に、山仲間のPさんからお誘いがあって、13日に四国の紅葉も見に行きましょうということになりました。

石鎚は紅葉の時期は混雑するらしいので、石鎚は避けてそれより少し標高の低い山ということで、Pさんにコースはお任せしてありました。その頃は帰って間もない頃で、さぼっていた家事だの庭仕事だの剪定だのが忙しかったのです。するとPさんからラインで「伊予富士から東黒森はどうですか」という連絡がありました。伊予富士から西はまだ歩いたことがなかったので、二つ返事でOKします。林道歩きが長いですが・・・とあったので、私としてはてっきり寒風茶屋~桑瀬峠~伊予富士~東黒森、そして長い林道歩きを経て寒風茶屋へ戻ってくるのだろうと思っていました。

集合は大野原の某所に6時となりました。

Pa133000

続きを読む »

2018-10-31

45年ぶりに苗場山へ、その13、早朝の小赤沢散策

翌5日はぐっすり眠ったおかげで、5時半には目覚めました。

民宿の朝食は8時にお願いしてあったので、外が明るくなり始めたころに、ウインドブレーカーを羽織って散歩に出かけました。

Pa052370

続きを読む »

2018-10-26

45年ぶりに苗場山へ、その11、槍や穂高も見えた

山頂から下っている際に、遠くに横一直線に見えた峰々ですが、特徴的な形をしていて、それが槍ヶ岳や穂高であることはすぐにわかりました。

同行の広島のご夫婦に「槍と穂高が見えてますよ」と伝えると、驚かれましたが、感動されてました。

Pa042257

続きを読む »

2018-10-25

45年ぶりに苗場山へ、その10、山頂手前で白馬が見えた

木道を歩いていると、行く手にうまい具合に単独の男性が下ってこられました。

Pa042239

続きを読む »

2018-10-24

45年ぶりに苗場山へ、その9、鎖場を経て山頂の一端に

五合目辺りはぬかるみがひどくて、とても地べたには座れないので、乾いていそうな石や木を探してその上に腰掛けて休憩します。

登りなので汗も少し書いたので、水分補給もしてチョコレートや飴など行動食も摂ります。

私は朝食用に買ってきていたサンドイッチをまだ食べてなかったので、それもここでいただきました。

たまたま同行されることになった広島のご夫婦は、今までにもロープウエイ利用での谷川岳など、どちらかというとあまり歩かなくても良いような山ばかりに登られているそうです。驚いたのは前日の3日は、広島のご夫婦も栂池自然園を散策されたそうで、違うのはご夫婦は前夜は野沢温泉に泊まられたそうですが、こちらは長野市内で泊ったことだけですね(^^;)

Pa042209

続きを読む »

2018-10-20

45年ぶりに苗場山へ、その6、ガスが晴れて山が姿を現した

山の天候は気まぐれです。

ちょっと前まであれほどガスに覆われていた稜線が、なんだか晴れてきそうな雰囲気です

Pa032108

続きを読む »

2018-10-19

45年ぶりに苗場山へ、その4、ダケカンバの紅葉に心惹かれる

ロープウエイ駅で降りると、まずは栂池自然園のビジターセンターというところを目指すらしいです。

ビジターセンターまでは5分~10分というところでしょうか。

Pa031985

続きを読む »

2018-10-18

番外で山岳展望

ブログ仲間のぶちょうほう様からカシバードによる山座同定のメールをいただきましたので、アップさせていただく思います。

まずは栂池のゴンドラ乗り場付近からの眺めです。

Pa031921

Photo特徴的な稜線は不帰の嶮だったのですね。

大学4年の夏合宿で針ノ木から入り白馬~朝日と縦走しているので、この辺りは歩いているはずですが、台風前で展望に恵まれず、どのような山を歩いているのかさっぱりわからなかったという山域です。ここ15年ほどで歩きなおした鹿島槍付近と白馬近辺は山をこの目でしっかり見えているので、まだ記憶に新しいです。

Photo_2

Photo_3万年雪が残っていたのは唐松岳直下の唐松沢だったようです。

Pa031923ゴンドラから眺めた山々は白馬三山だったようです。

Photo_5白馬杓子は白馬岳から2009年に眺めていますが、稜線上から眺める姿と山麓から眺める姿とでは、また違うものですね。

山に登れなくなったら、山麓から山々を見上げてみたいものです。

山の名前や雪渓の場所がわかり、すっきりとしました。

ぶちょうほう様、ありがとうございました。

2018-10-16

45年ぶりに苗場山へ、その2、栂池自然園に向かう事に

その後はひたすら北陸道を北上しました。

時間が時間なので、この日は栂池自然園に行き紅葉を楽しむことにしました。

親不知海岸なども大学2年の夏合宿で、私たちの山岳会は一斉に北アルプスに入った後、下山後に親不知海岸で集中し、テントを張ってキャンプファイヤーなどした思い出があるので、懐かしいところですが、ぐっと我慢します。

結局、糸魚川インターを下りたのは9時半ぐらいだったでしょうか。糸魚川を車で通過するのは初めてです。2009年に蓮華温泉から白馬に登った時は松本で後輩を拾った後、平岩駅まで北上してきましたが、今回は糸魚川から南下します。

Pa031903

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく