樹木

2021-01-12

香川と愛媛の県境を歩く、最後に見たのは真っ白な山

辺りはシダが生い繁る中、振り向いてもRさんの頭がかすかに見えるだけです。

Pc263113

続きを読む »

2020-12-25

竜山からレオマの裏山を縦走する、その4、大高見峰と小高見峰

さて主稜線に出てきたら、あとは間違い用のない道です。

この稜線はたくさんの人が歩いているので、今ではしっかりとした良い道になっています。

Pc122440

続きを読む »

2020-12-24

竜山からレオマの裏山を縦走する、その3、鉄塔保線路から主稜線へ

法師越のお地蔵様のところからすぐに大高見峰方面へも行けそうですし、実際、数年前に鉄塔からこの辺りに下ってきたことがありました。自分のブログ内検索してみたら2016年に鉄塔から法師越に直接下っていました。その時の記事はこちら

でもまた別の機会にはもう少し南側から登った記憶があります。少し偵察することにします。

Pc122398

続きを読む »

2020-12-22

竜山からレオマの裏山を縦走する、その1、山仲間を竜山に案内

12月第二週の週末はいつものメンバー3人で山に行けることになりました。

でも、まだ暖かい日が続いていて、霧氷に会えるかどうかわからないし、咲いている花ももうありません。行先を思いつかないので、こういう時しか行けない山?にほかの仲間を案内するのも良いかなと思いました。その山は、登山道が地図上にはなくて、山の名前も地図上には記載がない、でも標高は450mもある山です。実はこの山の一部が我が家の山だったことが4年ほど前の地籍調査でわかったのでした。地元の80ぐらいの方がこの山のことを「竜はん」と呼んでいました。

地籍調査のあとにも一人で登ったことがあったので、いつか行先に困ったときにでも仲間を案内しようと思っていたのです。もちろん竜山だけでは2時間もかからないので、竜山から大高見峰へと行き、あとはあわよくば綾歌三山の縦走でもということです。

この日のログはこちらからどうぞ。

Kimg3595

続きを読む »

2020-12-18

横峯山~博智山~妙見山周回、その4、横峯山に登り峠へ戻る

標高156mの峠ではこの日初めての休憩を入れました。

考えたら、2時間近く歩き続けていました。

飲み物を飲み、途中のコンビニで買ってきた茹で卵を一個ずつ食べました。今から登りなので、お腹に何か入れておかないと登れません。道の様子もよくわかりませんし・・・

峠付近には黒く焦げた木がありました。

前回登った鷲ヶ頭山と同じです。

この付近に花友達が住んでらっしゃるのですが、彼女に話したら横峯山は10年ほど前に山火事があったところだと言います。やっぱりね。

Pc052370

続きを読む »

2020-12-16

横峯山~博智山~妙見山周回、その2、千貫松分岐へ

前回来た時は紅葉の記憶はまったくなかったのですが、それもそのはず、1月の半ばに登っていたのでした。

今回は里山に登るにはたまたま良い時期だったようで、紅葉がほんとに見事です。

Pc052282

続きを読む »

2020-12-15

横峯山~博智山~妙見山周回、その1、まずは妙見宮から歩く

12月の第一週の週末はRさんは所用で山には行けないようなのでPさんと二人でどこへ行こうか?と相談していました。

高山で霧氷見物も良いですが、まだシーズンに入ったばかりだし、二人で抜け駆けしていくのも悪いかな。実際のところは、高山に行くなら装具もきちんと出さないといけないし、早起きしないといけないしと…そんなこんなが面倒くさく思えて、海辺の里山もいいかな~と思えてきました。

その前の週の鷲ヶ頭山が眺めが良かったので、海に突き出た荘内半島はどうだろう?半島なら眺めも良いし・・・だけど行ったことのある山だけではつまらないし・・・妙見山から横峯山までは行けるかしらン?妙見山は5年ほど前に一人で登ったことがあり、博知山まで縦走してます。地図を見ると、妙見山のまだ北側に横峯山があり、確かPさんのご主人のMさんが以前行かれていたような?

Pさんにラインすると、横峯山までの道はどうなんでしょう?と返信がありました。なので荘内半島を縦走されているエントツ山さんに博知山~横峯山の道の様子をラインでお尋ねしたところ、薄い踏み跡はありましたとのこと。まぁ、途中の千貫松というところまで道はあるらしいので、その後は行った時の様子次第ということで、12月5日に決行することに相成りました。

スマホを替えてからyamapでログを取っていますので、ログはこちらです。

Pc052456

続きを読む »

2020-12-02

3年ぶりの高知ムラサキセンブリ散策で、その1、ムラサキセンブリとヤナギノギク

高知のムラサキセンブリを見に行くようになって、早くも13年が過ぎました。

香川の里山にも少しだけなら咲くのですが、今年は香川のムラサキセンブリは風前の灯火状態のようになってしまったらしいです。一昨年も都合がつかなくて高知のムラサキセンブリを見ておらず、去年は病気のため、もちろん、野草散策どころではなかったので、今年こそは久々に高知の雑草のようにたくましく咲いているムラサキセンブリを見に行こうと、決めていました。

室戸散策でもお世話になったAさんに尋ねたら3連休ごろが見ごろでしょうとのこと。皆の都合のつく日を調整して3連休中日の11月22日に高知行きと決まりました。

今回は道も良いので、私が車出しを担当することにしました。

Pb221515

続きを読む »

2020-11-27

5年ぶりの那賀川~室戸散策で、その3、鈴ヶ峰でヤッコソウを見る

ナカガワノギク散策の次はヤッコソウを見るために宍喰の鈴ヶ峰へと移動します。

途中通過する徳島の太平洋側の海岸はサーフィンが盛んなところで、車窓からもサーフィンをしている若者たちが良く見えました。朝の高ノ瀬峡は寒いぐらいだったのにこの辺まで来ると暑くて暑くて、窓を全開して走ります。

しまった、半袖を着てくれば良かったと思ったけど、あとの祭りです。

Pb151210

続きを読む »

2020-11-25

2泊3日で孫を見に上京を③最後にアワコガネギクを

どうやら池の辺りまでやってきたようで、向こうに白いサギの姿が見えました。

Pb101122

続きを読む »

2020-11-23

二泊三日で孫を見に上京を②自然教育園へ

翌10日はまだ休暇中の息子や孫と一緒に、前日とは違う道を歩いて自然教育園へと向かいます。

都心ですが坂が多いうえに、路地のような道も多いので、一人では地図でも見ないことにはなかなか歩けないですね。

いろいろな家を見ながら歩きます。きっと1坪何百万もするような土地なんでしょうが、住んでいる方にとっては家には変わりないですね。車庫にはさすがにベンツを始め、外国の車が駐車してある家が多くて物珍しく眺めます。

中に、こんなお宅が・・・

Pb101074

続きを読む »

2020-11-18

ブナとヒメシャラの砥石権現へ、その6、ブナ林を満喫

10時25分、休憩を終えて山頂目指して歩き始めました。

Pa311005

続きを読む »

2020-11-17

ブナとヒメシャラの砥石権現へ、その5、再びブナの黄葉

緩やかな尾根道を下っていると、徐々にまだ色づいた葉を残した木が多くなってきました。

Pa310964

続きを読む »

2020-11-14

ブナとヒメシャラの砥石権現へ、その3、尾根の大ブナ

西砥石権現にはまだ着かないようです。

尾根を登っていると、大きなブナが現われました。

Pa310866

続きを読む »

2020-11-13

ブナとヒメシャラの砥石権現へ、その2、最初から圧巻の眺め

靴を履き替えたりして、出発したのは8時18分のことです。

到着はしてみると8時10分ぐらいのことだったようです。

我が家から3時間かかってますね。

Pa310819

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく

更新ブログ