山歩き

2018-05-24

恒例の皿ヶ嶺花散策へ、その6、最後にヤマシャクヤクを堪能する

風穴までもう少しというところまで下ってきたとき、「もしかしたら今年は見られるかな?」と期待していた光景に出会いました。

P4306121

続きを読む »

2018-05-23

恒例の皿ヶ嶺花散策へ、その5、下山道も花盛り

13時19分に十字峠まで下ってきました。

P4306005

続きを読む »

恒例の皿ヶ嶺花散策へ、その4、山頂は珍しく誰もいない

去年は5月というのに寒くて、愛大小屋の中に入りお昼を食べたのですが、今回は外で食べてもちょうどよいぐらいの気温です。

もう12時近いことだし、この日もやはり朝は早めだったので、愛大小屋の前でお昼にします。

食べながら辺りを見回すと、ほとんどが女性ばかりですね。

皿ヶ嶺は歩きは優しいし、花は多いし、森は綺麗だしで、女性に人気があるんですね。

そういう私たちもYさんのご主人を除けば皆、女性なのでした(^^;)

P4305953

続きを読む »

2018-05-22

恒例の皿ヶ嶺花散策へ、その3、階段を上り竜神平へ

上林峠に着く前に雨はすでに上がっていて、上林峠ちょっと手前で着込んでいた雨具やポンチョは脱ぎました。

峠では雨に濡れることなく休憩出来てラッキーでした。

P4305879

続きを読む »

2018-05-21

恒例の皿ヶ嶺花散策へ、その2、上林峠へ

歩いていると、真っ白な花がいっぱい咲いている場所までやってきました。

あらまぁ、いつもこの時期にはまだ蕾で咲いているのをあまり見たことがなかったユキザサが群生で咲いているではありませんか。

P4305808

続きを読む »

2018-05-19

恒例の皿ヶ嶺花散策へ、その1、緑に癒される

連休前半の4月30日は、恒例の皿ヶ嶺に花散策へ行くことになりました。

Yさんのご主人がきつい歩きはできないこともあるし、花の好きなPさんがなんと春の皿ヶ嶺に行ったことがないというので、それはぜひとも行くべきでしょうと勧めました。私はここ10年ぐらい、ほぼ毎年のように皿ヶ嶺に行ってるし、去年も昔の山仲間と訪れています。その時の記録はこちらです。

この日もYさんのご主人が車を出してくださる手はずになっていましたが、私だけ昔の山仲間であるS君と下山後に相談があったので、自分の車で行きます。5月に主人の友人と私の友人を石鎚に案内するにあたってS君にアケボノの咲き具合とか宿のこととか尋ねておきたかったのです。

一応、大野原に集合した後、別々に皿ヶ嶺の水ノ元に向かいます。途中、私のほうはコンビニに寄ったので、必死で飛ばして何とか水ノ元にはほぼ同時の到着でした。

P4305822

続きを読む »

2018-05-17

初めての薬研谷でアケボノを見る、その8、四国のみちを歩いて下山

考えたら最初に岩場でお昼を食べてから、一度も休憩を取っていませんでした。

この日は気温も高くて水分補給が必要でもあるので、車道に出て尾根道を登る前に休憩です。

丁度ベンチもあってもってこいの場所ですね。

P4215091

続きを読む »

初めての薬研谷でアケボノを見る、その7、気持ち良い林道歩き

林道歩きは、気持ちの良い自然林の中を歩くところが多く、山野草もいろいろ見られて良かったです。

こんなきれいなカエデの仲間の芽吹いたばかりの葉が見られました。

P4215047

続きを読む »

2018-05-16

初めての薬研谷でアケボノを見る、その6、オオルリ

こちら側の岩場から眺める眺めはさきほどお昼休憩の時にあちらの岩場から眺めた景色よりずっと素敵です。

なので、皆さん、どちらの岩場へも足を運ぶんですね。なるほど・・・・。

午前とか午後とか、光の加減もあるかもしれない・・・

P4214998

続きを読む »

2018-05-14

初めての薬研谷でアケボノを見る、その5、沢へ下って対岸へ

次にどこへ行くかと思いきや、どうやら下に下るようです。

ところが、この薬研谷界隈は道標もなければちゃんとした道もなく、踏み跡程度の道がついているだけです。

P4214937t

続きを読む »

初めての薬研谷でアケボノを見る、その4、アケボノに酔う

最初のアケボノを見た後、ほんの少し下ったところに岩場がありました。

そこにはアケボノがいっぱい咲いていて、思わず歓声が上がりましたが、これはまだ序章でした。

P4214838

続きを読む »

2018-05-12

初めての薬研谷でアケボノを見る、その2、大道丸へ

鳥居の横を通過したあと登り返しているとたあと、足元にカタクリの花が見えました。

P4214735

続きを読む »

2018-05-08

初めての薬研谷でアケボノを見る、その1、やっぱり遠い

豊受山からの帰り道、次の週はどこに行きましょうかと話していました。

高松のRさんはまだ週末は用事続きでお山には行けそうもないということで、Pさん、岡山のYさん、私の3人で行先を考えます。そろそろアケボノツツジも咲いているだろうし、工石山か薬研谷はどうかな?とラインで話したりしていました。私もPさんも薬研谷へは行ったことがないのですが、岡山のYさんご夫妻が2度ほど行かれているそうで案内してくださるそうです。岡山の方に四国の私たちが徳島の山を案内してもらうのも情けない話ですが、何しろYさんご夫妻は徳島や愛媛のマイナーな山をよくご存じなのです。今まで瀬戸大橋の通行代にどれだけ投資したかわからないほどだと言います(^^;)

問題は待ち合わせ場所ですが、当初は府中湖PAはどうかなと言っていたのです。PAで私たちが待つことができれば岡山から高速で来られたYさんに拾っていただくのがいちば時間もかからないし、わかりやすいですね。ところが府中湖PAはETC出口などありますが、どういう仕組みになっているのか、今まで使用したことがないのでわかりません。前日にたまたま帰省していた横浜の友人を誘って府中湖PAまで偵察に行ってみました。ところが、まず高速の下の駐車場が7台しかなくおまけにウエルカムゲートが下り車線にはなさそうです。帰りにPAで下してもらうことができるかどうかも不明なので、PAでの待ち合わせは諦めて、いつも私たちが本州方面に行くときに集合している坂出の某所で集合となりました。

P4214994

続きを読む »

カタクリを見に豊受山~鋸山周回、その7、カタクリ

鋸山のカタクリは山頂から少し西に群生で咲く場所があって、私たちも当然、その場所で大撮影会となると思っていたのですが、それよりも早くカタクリが出てきました。

P4164821

続きを読む »

カタクリを見に豊受山~鋸山周回、その6、エイザンスミレ

13時19分、七々木山の展望台に着きました。

展望は相変わらず、それほどぱっとしないのですが、先ほどよりはまだましになっているようです。

あ、それから山には関係ないのですが、このブログへのコメントが10000件になりました。半分は私の返信ですが、それでもコメントを5000いただいたということになるんですね。

話は元に戻りますが、七々木山に着いて画像を撮っていたら、どうもモニター画面が嫌に暗いのです。見てみたら露出がマイナス3にもなっていました。ダイヤルが手に触れて勝手に動いたようです。ということは七々木山のすぐ手前でカタクリを撮影したのも、失敗しているということです、慌てて、もう一度そのあたりの花を撮影し直しに戻りました。

P4164779

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく