« 芝生花壇にハナニラ | メイン | 座敷雛 »

2006-03-28

ネモフィラ・インシグニスブルー開花

どんどん暖かくなって、毎日のように何かしら咲きあがってくれる。

昨日はネモフィラ・インシグニスブルーの一番花が咲いた。

Dsc02357

この水色の花も私の畑ではもう10年も定番になっている。

いや、10年以上になるかも(^^;) 一年草だから毎年種を播いて、初夏には咲き終わって枯れるけど、それでもこの花を見ないことには春にならない。

この花がこぼれ種でも咲くようになったのはつい2年程前からだ。

今年もあちこちからいっぱいこぼれ種が出てきたけど、まだまだ小さい苗ばかりで花は咲きそうもない。私の畑は水道を引いてないので、雨が良く降ればこぼれ種発芽をするが、すべてはその年の天候任せだ。

Dsc02353 一足先に咲き始めたネモフィラ・クレオパトラのほうは株がこんもりとして、他の株とくっついて座布団状態になってしまった。

この画像に見えている花はすべて種から育てたもの。

コメント

クレオパトラ、シックな色ですね~。
ウチも何年か前にペニーブラックとあと白花に点が入るのと育ててましたが、こぼれダネで増えるがままにしていたらいつの間にか消えてしまいました。
でも、ひょっこり今年ネモフィラらしき苗が・・・。
まだ花が咲かないんだけど、なんか嬉しいですね♪

ちゃっぴーさん、こんばんは。
ネモフィラはインシグニスブルーのほかにも数種類ありますよね。
私のところではこぼれ種発芽に頼っていると、花を見られないこともあるので、種採取するか新しく種を買い求めます。去年は珍しくネモフィラの種が採取できたのでした(例年、株が高温多湿でやられて種採取に至らないことが多いのですが)
こぼれ種って秋に出てくれればそれを育てればいいんですが、たいていは春先に出てきます。必然的に小さい苗ばかりであまり花が咲かないというのがちょっと辛いですね。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく