« 今年もマンサクの花を見に行く、その7、サイコクサバノオ | メイン | 09年、スミレ散策、その1、コスミレ、ノジスミレ、ナガバノタチツボスミレ »

2009-03-30

トサコバイモに出会う

昨日は、別のことを確かめたくて、午後からある山に行ってきました。

目的の花は確かめられたのですけど、折角出向いたことでもありますし、その付近を少し見てきました。

意外にいろいろな花に出会えて、そろそろ帰ろうとしていたとき、何気なく見上げたらトサコバイモの花が見えました。トサコバイモは今年、出会いたい花のナンバー1候補でした。トサとはつきますが、実際は高知、愛媛、香川の3つの県で咲くらしいということは知っていました。

山の名前も大体調べはついていて、そろそろその山を訪ねようと思っていた矢先でした。

P3295559

まさか、この山でこんなに偶然に出会えるとは思ってもいなかったので、嬉しさでいっぱいになりました。野草散策を始めてもう直ぐ9年目になりますが、初めて見る花はほんとに嬉しいものです。特にそれが、今年は何とかして会いたいと思っていた花だったのですから・・。

山には誰もいません。コバイモの仲間は一輪咲いていれば、その付近に小さい群落を作ります。早速調べたところ、私が見ただけでも20輪ほどは咲いているようでした。

P3295551 この画像にはピンボケのも含めて4株のトサコバイモが写っています。

株元に見えている緑の一枚葉は未開花株です。つまり幼株なのです。

他にも幼株はかなり見られましたから、来年も何かない限り、この場所で咲いてくれるはずです。

P3295540 コバイモの仲間は下を向いて咲くので、たいていは花の中を覗き込むのが難しいのですが、何とか一輪だけが葯の色を見ることができました。

葯が紫色をしているのがトサコバイモの特徴です。

花の形は細長い筒状で、ホソバナコバイモと良く似ています。しかし、ホソバナコバイモは葯が白色、トサコバイモは葯が紫色ということではっきりと区別できます。

P3295519 花の外側にある模様はトサコバイモでは網目模様です。模様がよくわかる画像を選んでみました。

P3173348 因みにこちらは3月17日に岡山で見てきたホソバナコバイモですが、ホソバナコバイモには網目模様はほとんどなくなく、代わりに条線というものがあります。

P3295498 再び、トサコバイモに返って、この個体は草丈もわずか5センチほどと小さく、花冠の長さも短くて、ずいぶん可愛い個体でした。

P3295487 これはまだ咲き始めなのか、花冠の先がすぼまっています。

P3295525 手前に白くぼけているのはユキワリイチゲの花です。

アワコバイモもユキワリイチゲと同じ場所に良く咲いていますが、トサコバイモ同じですね。

湿り気のある、落葉樹の下を好むということでしょう。

それにしても、今年見たい花を、これほど呆気なく見てしまい、今後は見たい花を何にしましょうか?

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく