« 久しぶりの剣山、、その3、ヤマシャクヤク | メイン | 久しぶりの剣山、その5、ツルネコノメソウ »

2011-06-22

久しぶりの剣山、その4、ヒメウツギ

アズキナシの木の直ぐ向こう側にはヒメウツギの木が見えてきました。

この場所は標高1800mぐらいあります。ヒメウツギはここ剣山や西赤石の山頂手前などでしか、以前は見たことがなかったので、ヒメウツギ=高山にだけ自生と思い込んでいたのでした。

P6142143

比較的低地で見かけたのは今年が初めてでした。

県内の標高500mもないような場所では,5月上旬に見ています。ここ剣山のヒメウツギはまだまだ咲き始めたばかりでしたから、花の時期がかなり違いますね。

P6142143_2 花の部分をトリミングしてみました。

ウツギとの違いは雌しべの花糸に翼があるのですが、その翼の上端が角のように突き出しているのがヒメウツギの花の特徴だそうです。

こんなに標高の高い場所ではウツギの花は見かけませんから、それだけでもヒメウツギとわかりますが・・・。

検索すると、岩場や石灰岩地に多く見られるともありました。

確かに私が見かけた場所はどこも岩場になっていましたし、剣山も石灰岩地なのです。

P6142145 葉の色も若々しい緑で、観賞価値の高いウツギです。

我が家のご近所にもヒメウツギを植えているお宅がありますが、私は高山でしか見たことがなかったので、園芸店で売られているヒメウツギは別の園芸種かと思い込んでいたほどでした。

でも、可憐な容姿にも似合わず、低地でも簡単に栽培できるようです。

P6142148 とはいえ、剣山行場の岩肌にびっしりと咲く姿は、やはり高山で見る素晴らしさがありました。

P6142154 ヒメウツギの撮影に夢中になっている間にEさんとTさんは前方を歩いています。

一ノ森分岐まで、ほぼずっとこのようにアップダウンの少ない道が続いています。

P6142159 時折、ヤマシャクがちらほらと咲いています。

P6142160 歩くEさんの頭上にはオオカメノキが見えていますが、ここでも花はすで終わっています。

P6142163 苔むした大木が見えます。

良く見ると、幹にはいろいろなものが着生していて、それを見てるだけでも興味深いですね。

ジンジソウかダイモンジソウのような葉も見えているようです。

こういうのを見ると、初秋にも来てみたくなるんですよね。

P6142167 そろそろ終盤ですがツクバネウツギもまだ咲いていました。

P6142171 登山道の山側の法面にはいろいろな葉っぱが青々と見えています。

今年は雨がたっぷり降るので、そうでなくともいつも漂っているガスのおかげで苔などが瑞々しい剣山ですが、今年は殊のほか緑が素晴らしいです。

P6142172 これはオククルマムグラの葉でしょうか?

先ほど花も見かけたのですが、小さい花で撮影失敗です。

P6142173 いよいよ穴吹川源流です。

先に渡るお二人・・・。

キレンゲショウマを見に来る頃にはヤマアジサイがとても綺麗に咲く場所なので、ここでお昼を食べることも多いんですよ。

沢の水も美味しいですしね。

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく