« 青春18きっぷで伊吹山へ、その6、クサボタン | メイン | 青春18きっぷで伊吹山へ、その8、ルリトラノオそして山頂 »

2011-08-26

青春18きっぷで伊吹山へ、その7、シデシャジン

8合目から山頂まではわずか150mの登りなんですが、この間に花が集中的に咲いていたようで、画像はこの辺りでかなり枚数を撮ってます。

ここで、初めて目にする青い花を見ました。

P8162082

画像ではたまに見せていただていたシデシャジンです。初めて見る花で、さすがに花の山伊吹山です。珍しい花を見られて、またまた大喜びでした。

P8162082_2 上の画像をトリミングしたものですが、一つ一つの花の構造がおわかりいただけますでしょうか。

図鑑には「花冠は茎部から5深裂し、裂片は離弁状に見える。花柱は花冠裂片が反り返るので長く突き出る」とあります。

つまり花柄がごく短くてほぼないように見えるんですね。

因みにシデというのは四手のことですね。

紙で作ったひらひらとしたもので神前で見かけるものです。

P8162083 株もとの様子です。

葉はシャジンの仲間としては結構ごっつい葉ですね。

ちょっとクサボタンの葉の感触にも似てるように思いました。

実際、下のほうには切れ込みのあるクサボタンの葉や花芽が写っています。

P8162079 これもシデシャジンですが、この付近でしか見ませんでした。

もっとも、私が歩いたのは、登山道だけなので、山頂の遊歩道ではどうなのかはわかりません。

P8162086 先ほど8合目で一緒になった男の子も下から歩いてきます。

P8162087 ちょっと向こうの尾根はがすに煙り、なんとなく高山の雰囲気です。

手前にクサボタンが見えていますが、クサボタンはあちこちでたくさん見かけました。

P8162088 青空も垣間見えますが、すっきりと晴れ上がるところまではいきません。

P8162089 ツリガネニンジンだけは下から上まで満遍なく咲いているようでした、

P8162091 一週間前ならさぞ綺麗だったろうと思われるお花畑ですが、メタカラコウもシシウドも終盤です。

P8162092 シモツケソウの群落ですが、これもちょっと時期が遅かったかな??

P8162097 中にはこんな綺麗な個体もありましたが・・・。

P8162094 コオニユリにアゲハチョウが吸蜜にきています。

P8162099 そろそろ登りがなくなって、平たい道になってきました。

山頂が近そうです。

P8162100 イブキトラノオです。

これも伊吹山が本家本元の花ですね。

コメント

こんにちは。
シデジャシンはキキョウ科らしい綺麗な色ですね。
一度お目に掛かりたいものです。
イブキ~という名前は良く聞きます。植物相が豊富なんですね。

多摩NTの住人様、こんばんは。

シデシャジンは以前から画像では見てましたが、伊吹山に咲いてるとは知らず、会えて嬉しかった野草の一つです。
シャジンの仲間もいろいろありますが、いちばん変わってるんじゃないでしょうかね。
イブキ〇〇というのは結構多いですね。
シロウマ〇〇、キタダケ〇〇に負けませんね。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく