« 春の青春18きっぷで伊部の医王山に登る、その2、最初は不老山へ | メイン | 春の青春18きっぷで伊部の医王山に登る、その4、結構な急登です »

2017-04-22

春の青春18きっぷで伊部の医王山に登る、その3、医王山の登山口へ

医王山の登山口はスマホで確認すると、どうやら西に向かって歩き、新幹線の高架下を抜けたあたりにある墓地から登るらしいです。

西に向かう道は、以前、熊山に登った際に歩いているので、少しは記憶があります。

通りに面して、綺麗な休憩所もあって、これまた綺麗なトイレやテーブル、いすなどが完備していました。撮影してないのが残念ですが、壁に貼られた地図には伊部付近の山のルートが書き込まれた地図も貼ってありました。

P4104034

↑後から調べると、歩いている道は旧山陽道のようでした。

道沿いに小さな神社と公園が見えたので、のぞいてみると、桜が満開でした。

すでに午後に入っているので、子供たちが遊具で遊んでいるのが良い感じです。

P4104036

道沿いの備前焼のショーウインドウの中ではクリスマスローズが生けてありましたが、この花水揚げが難しいんですよね。

頭を垂れてしまっています。

P4104039

やがて、小さな流れを渡りますが、以前、熊山に登った時はこの川沿いにどんどん北へと歩いたものでした。

P4104040今日は通りを真っすぐ西へと歩きます。

川を渡ってすぐに、茅葺屋根のずいぶん古そうな建物が見えてきました。

ギャラリーと書いてあって、この建物も備前焼のギャラリーになってるようです

P4104042茅葺の家の土壁をくりぬいてガラスを入れ、ショーウインドウにしています。

P4104044

北側の光景です。

門の外側に、ミツバツツジらしき木が植えこまれています。

P4104045

こちらのお宅は古い屋根瓦を塀に利用していて良いアイデアだと思いました、

P4104046

また、畑の周囲をアケビで囲っているのも見ました。

P4104047

もうすぐで新幹線の高架をくぐるようです。

P4104050

ここも備前焼のギャラリーでヤブツバキやヤマブキを花材にして生けられています。

P4104051

登山口があるらしい墓地までやってきました。

駐車してある車はもちろん登山口に停めてあるのではありません。

墓地の手前に車庫らしきのがあったようです。

P4104052

田んぼの畦にノジスミレとキランソウが咲いています。

P4104054

桜が咲いている墓地を登っていきます。

スマホの地図の文字を読み間違えて墓地を基地と思い込んで、どこに基地が?と訝りながら歩いていきますが、途中で墓地と分かり、ここが登山口と判明しました。

しかし、道標の類は一切ありません。

P4104056

いちばん上のほうまで行ってみましたが、ヤブに続いているだけで道らしきものはありません。

再び、下のほうへ下ってみたら・・・道が見つかりました。

P4104057

道の入り口にヤブツバキが一輪。。。」

P4104058

これが踏み跡みたいです。

赤テープはついてますね。

P4104059

医王山にもやはりミツバツツジが多そうです。

P4104060

ところどころに赤テープがあるし、踏み跡ははっきりしているので、間違いないようです。

P4104061コシダが出てきて、この辺りは香川の里山と変わりないです。

P4104065振り返ると、新幹線の高架・・。

先ほどくぐった高架です。

P4104068

そういえば、麓から何かの電線が伸びていましたが、どうやら登山道はこの電柱伝いについてるようです。

コメント

青春18きっぷですか。良く利用されていますね。私はまだ一度も使ったことがありません。いつかゆっくりと旅をしてみたいものです。

多摩NTの住人様、こんばんは。

去年から今年にかけては夏、冬、春のすべての時期の青春18きっぷを購入しました。
どの時期も山登りに一度は利用しています。
次回は宮島の弥山に登ってみたいと考えているのですが・・・。
見せるだけで、どこでも途中下車できるのが良いですね。
予定を立てない軽い旅にぴったりです。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく