« 2年ぶりに赤星でマンサクを見る、その3、周回路を下る | メイン | 今年もケスハマソウ散策 »

2018-04-12

ユキワリイチゲ、様々な表情

ユキワリイチゲは自生地によって花の色や咲き方なども個性がありますね。

3月下旬に見た自生地のユキワリイチゲですが、少し場所が離れただけでも色や花の大きさなどが異なっていました。

P3253794

↑比較的、紫色の濃い個体です。

P3253797

その前に見てきたルリイチゲとも花の咲き方がちょっと違います。

P3253806

3輪仲良く、春の日差しを浴びて・・・・

P3253813

ちょっと前傾気味の姿勢?

少しでもお日様に近づきたいという花の本能でしょうか。

P3253804

林床で落ち葉を寝床にして育ちます。

P3253761

ここのものは白っぽい色合いです。

P3253770草丈も小さくて、せいぜい5~6センチです。

P3253756木の株もとで木に守られてぬくぬくと咲いています。

花はこういうところが大好きです。

P3253714

ここのものはごく淡い紫色をしています。

P3253732

花弁(萼片)が長めですね。

P3253737

ちょっとした群生で咲いていました。

今のところ、四国の各県のユキワリイチゲと岡山のユキワリイチゲしか見たことがないですが、そのうちに九州や広島のユキワリイチゲも見てみたいものです。

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく