« アケボノソウほか | メイン | 10月10日の赤そば畑散策にて »

2019-10-16

実家の近くで咲くシロバナサクラタデ

10月初めに実家に行った際、毎年のように見ているシロバナサクラタデのことを思い出して見てみました。

いつもはヒガンバナが満開で、真っ赤なヒガンバナとシロバナサクラタデとの競演を楽しむのですが、さすがにヒガンバナのほうはもう終わっていましたが・・・

Pa050930

去年はあまりの日照りで咲いてなかったような記憶があります。

今年は夏に適度に雨が降ったのが良かったのか、まずまずで咲いていました。

Pa050929後ろで青くぼけているのはツユクサの花。

白花のほうでなくピンクのサクラタデも見たいのですが、今まで3か所で見ているのですが、もう咲かなくなったりする場所も多く、去年も今年も見られていません。

コメント

こんにちは。サクラタデはタデ科の中では見栄えのする花ですね。見るのは楽しいですが、やはり小さい花でピント合わせには苦労させられます。桜ジャージのラグビーは頑張りましたね。

多摩NTの住人様、こんにちは。
シロバナサクラタデ・・・何とか見られました。
今度のカメラはまだマクロレンズを買ってないので、購入するかそれとも以前のマクロレンズが使えるようにアタッチメントを買うか迷ってます。
ラグビーのユニフォームの桜模様、いつも目につきますね。
この間のスコットランド戦も感動でした。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく