私のもうひとつのブログです。よろしく

フォトアルバム

ウェブページ

« ローゼル、開花 | メイン | ユーパトリウム・チョコレートの花芽 »

2010年9月16日 (木)

サルビア・ピンクパンサー(オルトシフォン・ラビアツス)

これも、東京から帰ってきたら咲いていた花です。

サルビア・ピンクパンサーという名前で私は覚えているのですが、実際にはサルビアの仲間ではなく、ネコノヒゲの仲間でオルトシフォン属の花です。

サルビアはシソ科アキギリ属の仲間で、サルビア属とも言うようです。

P9165991

自分のブログ内を検索してみると、07年の9月にすでに開花をアップしてありますので、我が家に住み着いてから4年目ということになります。ですが、由来がどうもはっきりせず、たぶん、産直市かどこかで買ってきたもののようです。

当初は小さなポット苗だったのを、記録を辿ると、08年に地植えにしたようです。今ではかなり大きな株になって、草丈は70センチほどはあります。

P9165994 この場所は、ほとんど日の当たらない場所ですが、どれでもちゃんとお花も咲きますし、今年のような猛暑でも葉は青々としているので、かなり丈夫な花みたいです。

P9166091 後方で茶枯れているのはミズヒキで、ミズヒキですら、今年はこれほど葉が枯れこんだというのに、サルビア・ピンクパンサーのほうは元気なものです。

南アフリカの中北部からジンバブエにかけて分布しているそうで、自生地を見ただけで暑さや乾燥に強そうだとわかります。

我が家では日陰植えですが、日向に植えればもっと花つきも良くなりそうですね。

1度、挿し芽にチャレンジしてみましょうか。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/1251/25063859

サルビア・ピンクパンサー(オルトシフォン・ラビアツス)を参照しているブログ:

コメント

ありがとうございました。我が家でも、20年以上前から咲いていますが、サルビア・ピンクパンサーとしか分からず、植えっぱなしで毎年花を見せてくれています。お友達は、挿し芽で日当たりの良い所に植えられ1メールになっています。名前がわかり喜びです。

橋本さん、こんばんは&はじめまして。

10年前の記事を読み返すと、我が家では植えてから13年になるようです。
昔はサルビアピンクパンサーという名前で売られていましたね、
でも、よく調べるとオルトシフォン・ラビアツスという名前だとわかり
それからはオルトシフォンという名で扱っています。
何もしなくても季節が来ると可愛い花を1か月ほども咲かせてくれて有難い
花です。ネコノヒゲの仲間らしいですね。
宿根草というよりも低木といった方が当たってると思います。
わたしの花仲間の方の庭でも、割合大きくなって咲いていました。
うちでは半日陰ですが、それでもまずまず咲いてくれます。

コメントを投稿