« ホームセンター巡り | メイン | ビオラ・F1ソルベYTT »

2005-02-11

青空だったけど・・

dsc01198dsc01199dsc01199昨日、主人が急に「明日から植木屋さんを入れる」と宣言。
確かにうちの庭はいまや松も棒ガシもソテツも伸び放題で鬱蒼としている。
私とて気になってないわけではないが、何しろ一旦植木屋さんを入れると、費用も手間も半端ではない。
以前は3人の職人さんが4日ほどかかっていた。今年は秋に隣との境界の松の木を丸坊主にしたので、これが手間要らずとはいうものの、やっぱり3日間は覚悟しないといけないだろうな。お茶とおやつは10時と3時に出し、12時にはお茶を出す。
これがあるので、遠出も無理。青空を横目に山にも行けないよね。
しかも植木屋さんたちは上の大きい木ばかりを見ているので、中庭に植えてある私の大事な球根類の芽にも気がついてはくれない。
いつも庭木がさっぱりした後は私の花の芽も無残な姿に・・。
今日も先日から蕾をつけているバイモやチューリップの土から覗いている芽がなぎ倒されたり、踏まれたりで無残な姿になった。

3時のお茶を出してから、気分転換に山友のYさんに電話して行きつけのアウトドアショップに行くことにした。
Yさんの家によるのは久しぶりなので、お庭だけ、少し拝見した。カーポートの横の植え込みの下にクリスマスローズが何株か植わっている。赤紫のオリエンタリス系の株で草丈50センチとかなり大きくなっているけど、惜しいことに葉がずいぶん傷んでいる。訊いたら西風が吹き付けたためとのこと。うちは中庭や畑といった風の吹かない場所(吹いても周囲の木々や家で風も弱まるので)にしか植えてないので、こういう状態の葉を見るのは初めてだったよ。

秋に差し上げた雲南サクラソウは鉢で大事に育てられていて、花こそまだだけど、我が家のよりよほど大きくなっている。
そして庭の中にもクリスマスローズのフェチダス発見。このフェチダスはうちの近くのHCで3週間ほど前に見かけてよほど買おうかと迷ったのだけど、やめたもの。草姿が変わっていて、まるで木のように立ってうて、頭頂部で緑色の花をつける原種らしい。だけど、惜しいことにこのフェチダスもあまり元気がいいとは言えないようだった。クリスマスローズなんて、植えればほぼどれも元気に育つものと言う気がしていたが、そうでもないのかな?そういえば、私の友人でもクリスマスローズを枯らしたという人がいたっけ。

行きつけのアウトドアショップは移転して、お店もひと回り大きくなって、盛況だった。
ほんとは見るだけのつもりだったんだけど、可愛いシャツを見たのでつい買ってしまったよ。
このシャツに昔のニッカボlッカを合わせれば、往年の登山スタイルが決まりだね。(^_^)

ああ、早く、ユキワリイチゲを見に行きたいものだよ~。

画像は去年の3月末に愛媛の某所で初めて見たユキワリイチゲの花。
夢中で何枚ものシャッターを切ったものだよ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/1251/338114

青空だったけど・・を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく