« フロックス・パニキュラータ開花 | メイン | キンカンの花 »

2005-06-30

フランスの花の種

今日も野暮用で高松に・・。

空は曇っていて、直射日光がないだけまだましだけど、空気が湿気を帯びているのでムシムシしている。

用事を終えて帰り道、坂出に開店した大きいHCに立ち寄ってみた。売り場はすごく広いのだけど、置いてある花の種類はそれほど多くはなさそうだ。山野草などは駄目にするといけないのか、全然見当たらなかった。水辺の植物として、ポンテデリカが置いてあった。それとセイヨウニンジンボクの草丈1m近くのもの。

店内に入ったら種売り場をチエック。いいものみっけ。

dsc00865 ずっと探していたマウンテンフロックスの種だ。

このマウンテンフロックス、トーホクシードから出ているけど、この2年ほど探しても見つからなかった。

2002年秋に種まきして2003年の初夏に咲いたんだけど、とっても好みだったんだよ。

maunntennhurokusus これがその2003年の7月に撮影した画像。ほんのり淡いピンクがなんともいいでしょう?

花びらも透けるほど薄くてそれも好きなところかなぁ。

2005年のブリティッシュシードのカタログに入っていたので、そちらからでも取り寄せようと思っていたけど、これで種は確保だね。

dsc00864 そしてこれも楽しい戦利品。

フランスの花の種がワゴンセールで一袋100円で売られてた。今までイギリスの花の種は何度も取り寄せているけど、フランス産の花の種を見たのは初めてだよ~。

パッケージもなんとひし形なんだよ。

外から触っただけで、中の種がどっさり入ってるのがわかる。花の名前の表記はデルフィニュームはそのままDELPHINIUMだけどルピナスはLUPIN、スカビオサはSCABIEUSEとなっていて、どうやらこれがフランス語での花の名前らしい。一袋100円だから、全部で50本発芽すれば、充分もとは取れるかなぁ(^^;) たぶん、輸入しすぎて売れ残ったものだろうから、あまり過剰な期待は禁物だけどね。

あ、そうそう、リシリヒナゲシはあれから昨日朝には可憐に咲いてくれました。

dsc00838 やっぱり一番花は6弁花だったよ。それでも、この36℃を越す厚さの中での開花、あっぱれだね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/1251/804123

フランスの花の種を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく