« シュウメイギクに蕾 | メイン | 我家の朝顔たち »

2005-08-18

昨日は涼しいと思ったが、今日はまた残暑が厳しい一日だった。

それでも日がすとんと落ちると、辺りは夕闇に包まれて、夕餉のしたくもそれほど苦痛にならなくなる。今の時期はみなの帰りが遅いので、私の仕事がない日は7時近くに徐に夕餉の支度にかかるといいので楽だ。包丁を動かしながら、こんな季節ももう何度も経てきたなぁなどと思う。秋は物思う季節の始まりだ。

dsc00062 大好きなシュウカイドウに蕾がついて、ピンク色に色づいてきた。

中庭でもいちばんおくのほとんど日の差さないところに植えてあるので、フラッシュをたかないと撮影できない。このシュウカイドウについての思い出話はここに記しています。

高いお金を払って通販で取り寄せた株は消えてしまい、結局、老夫婦にいただいたシュウカイドウが花を咲かせそうだね。

dsc00033 こちらは、先週、実家にお墓参りに行ったときに近くのJAの産直市で買い求めたサギソウ。サギソウといえば、湿原の花で、四国では黒沢湿原、岡山でも自生しているらしいけど、最近は山ばかりに行くので、サギソウの自生は見たことがない。こんな暑い時期に咲く花だったかな?

花が終ったら、育て方を調べて見なくては・・。

dsc00062 縁側まで来て、ふと空を見たら、月が綺麗だった。思わず、デジカメで撮影したり・・。

さて、今夜は久々に、芝生庭で月を見ながら、お酒でも飲んでみようかなぁ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/1251/851559

を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく