« 2005年、野山の花ベスト100,10月① | メイン | 2005年、私の庭の花ベスト100,10月① »

2005-12-27

2005年、野山の花ベスト100,10月②

Dsc00928_1 10月は高山に登る最後のチャンスだったが、今年はとうとう里山散策や低山歩きで終ってしまった。しかし、初めての花との出会いもあり、花散策としては充実の秋だったといえそうだ。

なんといってもこの秋いちばんの出会いはこのイヌセンブリとの出会いだった。

県によっては絶滅危種に近い扱いになっていることもあるそうで、それが何気ない散策で見られたのだから幸運だった。近くに私の大好きなキッコウハグマが群生する場所もあり、その後も二度ばかり訪れることになった。

Dsc00964_1

アサマリンドウでもなくツルリンドウでもない普通のリンドウに出会ったのも三年ぶりかな。こちらの山ではたいていはアサマリンドウを見ることのほうが多くて、この身近な低山でリンドウと出会えたのは、軽い驚きだった。

Dsc00965 この低山の山頂一体で正しく群生をしていたヤマラッキョウ。ヤマラッキョウも去年までは名前は知っていても何故か実物を見ることが出来なかったのに、今年はあちこちの山で見ることが出来た。しかし、このときに見た群生が一番素晴らしかった。

Dsc00972_2 こちらも名前だけは以前から知っていたタムラソウ。

棘のないアザミと憶えておくと間違いがなさそうだ。

Dsc00029_1 タンキリマメは9月に花を撮影したのがあったが、アップし忘れたので、赤い実のほうをアップしてみる。

これもツルリンドウと同じで実のほうが目立っていると思う。

Dsc00877_1 外来種で、最近どんどん増えているようだけど、このオレンジ色の花の色が気になって仕方がないベニバナボロギク。

Dsc00969_2 2年ぶりに見つけたサネカズラの実。

ビナンカズラとも言うようで、そうそうどこにでもはないので、見つけると嬉しくなる。

コメント

keitann様 こんばんは
野草にとって10月は稼ぎ時ですね。
素敵な花達が満を持して咲きあがってきますよね。
イヌセンブリ:まだ見たことがありません。
タンキリマメの赤い莢はオシャレな色使いですね。
サネカズラはこの時期「豪華な赤」ですね。
タムラソウ:清々しい紫色ですね。
野趣:これは野草にあっては重要な要素なんですね。

すべてに野趣があり、どれも夢のような眺めだと思います。

ぶちょうほう様、おはようございます。
10月は秋の名花が咲き乱れる季節ですね。それに木の実もそろそろ色付く季節ですから、上を見たり下を見たりで忙しい季節でもあります。
野趣・・・ほんとにそうですね。
山野草は野に咲いている姿がいちばん素敵です。野を歩いて可愛い野草が咲いているのを見つけると、汗も吹っ飛びますものね。
花の横で数時間見とれていたいことがよくあります。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく