« 阿讃山脈で秋を楽しむ①ヤクシソウ | メイン | 阿讃山脈で秋を楽しむ③シソ科の花々 »

2006-10-26

阿讃山脈で秋を楽しむ②センブリとアサマリンドウ

10月初めの梶ヶ森でセンブリを見てからと言うもの行く山、行く山で必ずセンブリを見る。

百発百中ならぬ4発4中。

そしてアサマリンドウのほうは4回中3回の割合で見ている。

そのぐらい四国の山ではセンブリやアサマリンドウはポピュラーな花だということだろう。

Dsc01167_2

この山のこの場所のセンブリとアサマリンドウを3年続けて見に来ている。私にとっては、もう、秋の恒例行事のようなものかも知れない。

他の地方のセンブリも画像掲示板などではよく見せていただくが、この場所は日当たりの良い草原ではなく、陽射しは半日ほどしかあたらない登山道の傍らである。そのせいか、花びらの色が白く花弁が長くて、どことなく深窓の令嬢という雰囲気だ。

Dsc01169 草丈が珍しく20センチ以上もあるセンブリも咲いていた。こんな背の高い株を見たのは初めてだ。日当たりの良い場所のは横に広がってこんもりと咲いているが、やはり日当たりが悪いせいか縦に伸びるのだろう。

ちょうど1ヶ月前に、ここに来たときはまだ蕾で、蕾をつけた株を一株しか見つけることが出来ず、心配した。しかし、いざ咲いてみると、去年、一昨年と変わらないほどの数が咲いていて一安心した。

Dsc01153_1 林の中に生えているアサマリンドウ。この日もアサマリンドウは多く見かけた。しかし、そろそろ花も終ろうとしているのか、前回来た時よりも色が褪せたような色の花が多い。

アサマリンドウの見頃はどうやら10月初め頃が良さそうだ。

Dsc01173 昨日は天気もまずまずだったけど、何がいけないのかやはり花は開いてくれない。

この株がまだかろうじて開いているほうだった。

Dsc01115_3 登山道の様子。うっすらと紅葉し始めているが、見頃は11月初めぐらいだろうか。

既に落葉している木もあって、ハリギリなどは山道にいっぱい葉っぱが落ちていて、木に残った葉はどれだけもなかった。

Dsc01126_3 今年もまた、カサコソと落ち葉を踏みしめて歩く季節がやってきたね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/1251/6605463

阿讃山脈で秋を楽しむ②センブリとアサマリンドウを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく