« ブナなどの新緑 | メイン | 10万アクセス »

2007-05-18

5月の低山では、その1、ツクシタツナミソウ

低山ではスミレの花もそろそろ終わって、初夏そのものという雰囲気になってきました。

P1090677

私のデジカメではなぜかあまり綺麗に撮れませんが、実物はとても綺麗なツクシタツナミソウです。

普通のタツナミソウとどこが違うかと言うと、葉の色が濃い緑色をしていて、おまけに斑入りです。この辺りの低山ではそれほど珍しくはなく、この斑入りの葉っぱだけはどこででも見かけます。でも、5月になるとそれほど低山を歩かなくなるので、花ををきちんと見たのは今年が初めてでした。いや、2年前に金比羅さんの山で見かけているのですが、あいにくとデジカメのメモリーを入れ忘れていて、携帯で撮影した記憶があります。

今回はちゃんとデジカメで撮影することができました。

P1090679 私の図鑑には「本州の西部と九州に分布する」とあります。

コバノタツナミソウなどに比べると大型で良く目につきます。コバノタツナミソウは群生しますが、こちらはそれほど群生するということもなくて、道沿いに丁度植えられたような間隔で咲いています。草丈が大きめで綺麗なのと、植えられたような間隔で咲いているのとで、最初は誰かが園芸種の花でも植えてあるのかと思ったほどでした。

P1090680 コバノタツナミソウ、オカタツナミソウ、このツクシタツナミソウの3種類がこちらの野山では良く見かけるタツナミソウですが、一番見栄えが良いのではないでしょうか。来年の5月にはこの花を目当てに散策をしそうな予感がします。

コメント

こんにちは。三太郎です。

筑紫立浪草というのを初めてみました。
花のない季節も楽しめそうです。
園芸店の山野草コーナーにないのが不思議ですね。あったら即購入でしょう。

三太郎さん、こんにちは。

ツクシタツナミソウは私の図鑑には載ってますが、本州でも西部とか九州などに分布のようです。つまり暖かいところですね。
こちらの山には斑入りの植物というのが多いようで、葉っぱしか見えない時期でも結構楽しめますよ。
時期が丁度合えば、種でも採取できるかも・・。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく