« 秋晴れドライブ、その1、ソバ畑 | メイン | 秋晴れドライブ、その3、アサマリンドウ »

2007-10-07

秋晴れドライブ、その2、アケボノソウ

ソバ畑を心行くまで眺めたら、今度はアケボノソウを見に行きます。

9月にちょっと見に来たときには、まだ一輪も咲いていませんでした。アケボノソウは9月から10月にかけて徳島や愛媛、高知の山に登ると、登山口までの林道沿いでよく咲いています。ですからわざわざアケボノソウを見に行くことは少ないのです。

それが今年は9月が猛暑で雨が少なかったせいか、花の時期が遅かったようです。さて今日は咲いているかな?と気にしながらいつもの場所を見てみます。

咲いています・・・。良かった・・。

P1160108_2

今年も見ることが出来ました。

そして、いつものことですが、花弁の緑色の丸い模様にはアリが来ていますね。アケボノソウの蜜腺溝はこの緑の模様のところにあって、よくアリが蜜を舐めにやってくるのです。

P1160115 こちらのアケボノソウは盛んに蜜を出しているらしく、アリがいっぱい来ています。

ここのアケボノソウはとても草丈が高くて、1m30センチほどもあるのですが、アリはよく蜜の匂いを嗅ぎ分けますね。

P1160106 見た目は同じような花ですが、なぜかこちらの花にはアリが一匹もいません。

蜜を出す期間が限られているのでしょうか。

P1160109 下のほうにはまだまだ蕾が一杯あります。後半月ほどは花を楽しめそうですね。

P1160113 リンドウ科センブリ属。

草丈10センチほどのセンブリに比べて、アケボノソウはここの花は草丈1m20cmほどもありますが、花の感じや咲き方はよく似ています。

アケボノソウがセンブリの仲間のトップバッターで、この後、センブリ、イヌセンブリ、ムラサキセンブリなどが咲き始めるようです。

コメント

keitann様 こんにちは
アケボノソウ・・・姿のキッチリした美人さんに出会われましたね。
清涼感に溢れていてとても見事です。
これを皮切りにして、リンドウ科が続々登場してきそうですね。
小生のところではセンブリまではもう2週間は掛かりそうです。

ぶちょうほう様、こんにちは。
秋にはやはりアケボノソウの姿を一目見なくては、秋が来たような気持ちになりませんね。
センブリはこちらの低山ではまだまだ咲きませんが、先週、高知の山の行った山友達の話ではすでに咲き始めていたそうです。私もなるべく10月前半には見てきたいと思ってはいるのですが・・。
猛暑とかなんとか言われましたが、山の花の時期はそうそう大きくずれることもないようです。決まった季節に決まった花を見られるのは、いろいろな意味で有難いことですね。

懐かしい花ですねぇ。
かっちり撮れていてすばらしいです。

アケボノソウは本州でも御馴染みの秋の花でしょうか?
四国では割と普通に見られる花ですが、それでも少しは山に行かないと見られません。
秋に見たい花を10上げるとすると、必ず入る花です。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく