« 高知小旅行、その6、リュウキュウヒカンザクラ | メイン | メジロ »

2008-02-27

ツグミとハマダイコン

毎年、寒い季節は花が少ないので、野山に出るとどうしても野鳥に目が行きます。

今年は一眼カメラがあるので、気軽に野鳥を撮影することが出来て、楽しいですね。花を撮影するときも望遠レンズをつけていることが多いので、野鳥を見るとそのまま野鳥撮影モードに入ります。

P2103197

ちょっと離れていたので、画像が小さいですが、海岸で見かけたツグミです。実はツグミは自宅でもよく見かける野鳥ですが、何しろ警戒心が強くて、近付くと直ぐに飛び立ってしまい、なかなか画像が撮れません。

このときはかなり離れてはいましたが、周囲に何もなくて、天気が良かったので、比較的撮影しやすかったです。

P2103193 群れでいることが多いメジロやムクドリと違って、ツグミはたいてい、一羽でいるようです。

海辺でこんな風に海を見ているツグミを見ると、なんとなく私と似ているかな?などと思います。私は結構、一人で行動するのが好きですから。

P2103214 防波堤のうんと向こうにはどうやら犬も寝そべっている模様です。

P2103190 この海岸から見えるのはこの前登った善通寺の山々です。

あの稜線はすべて歩いています。

P2103217 直ぐ近くの草むらにはなにやら花が咲いていて、良く見るとハマダイコンの花なのでした。

2月にも咲くんですね。

P2103235 少し歩くと、大規模な埋め立て地跡が公園になっている場所があります。

公園の木にメジロが随分群れていると思ったら、シャシャンボの実をついばんでいるようでした。

シャシャンボの実って、どうもメジロの好物のようですね。

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく