« 春の野草、その7、シロバナハンショウヅル | メイン | 春の小さな谷を歩く、その2、木々の芽吹き »

2008-04-30

春の小さな谷を歩く、その1

春にはイチリンソウやニリンソウが咲き乱れる谷を一人で歩いてきました。

4月半ばには必ず歩いてみたい定番スポットとなりそうです。

P4252439

↑画像はニリンソウの小さな群落です。ニリンソウは花はイチリンソウと良く似ていますが、葉っぱは固まって生えていて小さなブッシュ状に繁っていることが多いです。

P4252475 イチリンソウよりは少し小さめの花で愛らしいです。

花弁(ガク片)の裏側は赤味を帯びていてとても美しいのですが、この日は全開で、表から見るとわかりませんね。

P4252477 ニリンソウの葉っぱはトリカブトの葉っぱに似ていますが、小さくて見慣れると見分けがつくようになります。

P4252507s 花弁の裏に紅をさしているニリンソウ・・。

ほんのり薄紅色で、なんともいえません。

P4252504 一方、こちらは二輪咲いていてニリンソウみたいに見えますが、イチリンソウです。

ニリンソウ状態のイチリンソウとでもいいましょうか・・。

イチリンソウとニリンソウは葉が違うので、葉で見分けると間違いません。

これも裏側から見るとドキッとするほど艶かしい色です。

P4252526 ヤブツバキの落花の中で真っ白なイチリンソウが咲き誇っています。

真っ赤と真っ白・・・普通の人間ならこんな派手な組み合わせは考えませんが、自然の中ではこんな色合わせも有り、なのですね。

P4252277 小さな丸っこい白い花芽はウツギの花芽でしょうか。

P4252278 圧倒されるばかりの新緑とヤマブキの黄色。

この沢の下流では芽吹きの季節から新緑の季節へと移行しているようでした。

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく