« 四国カルスト、その1,カノコユリ | メイン | 四国カルストその3、ヤマホトトギスなど »

2008-08-21

四国カルスト、その2、ツクシクサボタン

今日の山歩きは、散策程度にしましょうと、Tさんと話していました。

というのも、Tさんも久々の山歩きだし、何しろ、四国カルストは香川からはとても遠いので、アプローチに時間がかかるため、歩きはほどほどにする必要があります。もう一つの理由は、ここは山歩きというよりもドライブコースとしてのほうが有名で、標高1200mほどの高原に石灰岩や牛の放牧が見られるので、そういう景色もぜひ見てみたいのです。

ほかの山では見られない植生も魅力なので、まずは3時間ほど散策します。

P8186364

歩いていてクサボタンを見つけました。

そうそう、ここ四国カルストは四国の他の山ではあまり自生していないクサボタンが見られるのです。頭の片隅にそのことはあったのですが、すっかり忘れていました。

今年はクサボタンの縁があるらしく、7月半ばの北アルプスでも、かろうじて咲きあがったばかりのクサボタンを見ることができたのでした。

P7194870 こちらがその新穂高温泉付近で見かけたクサボタンです。

ツクシクサボタンに比べると色が淡目で草姿も華奢な印象でした。

P8186170 こちらは天狗高原の樹林帯の中で見かけたツクシクサボタンです。

外から見たガク片の色は淡く見えても、リバーシブルのようになっていて、内側はかなり濃い紫色をしています。

最初に樹林の中で見かけたもので、こういう日陰っぽいところに咲くのかと思ったら、尾根筋を歩いていると、うんとがっしりして花つきの良い株がいくらでもありました。

P8186362 葉っぱなどもわさわさと繁って、頑丈そうな株です。こんなのがいくらでも見られました。

P8186361 私の図鑑によると「ツクシクサボタンは母種に似るが花糸は葯の二倍以上。」とあります。

P8186364kirinuki 花の部分を切り抜いてみましたが、花糸の部分が長いようにも見えますが・・。

一眼のマクロレンズはまだ持ってなくて、コンデジを持っていたのに、うっかりとマクロで撮影しそびれました。

少しクサボタンについて予習をしていけば良かったですね。

P8186385 石灰岩のそばで咲いているクサボタンです。これはまだ比較的、小さな株です。

P8186335pinnku_kusabotann こちらは山がガスっていた時に撮ったか、あるいはレンズが曇っていたかで、ぼんやりと写っていますが、ピンク系の花もあったようです。

とにかく、ここ四国カルストでは普通に歩いていると、いくらでも見られるという感じで、もっと、まばらにしか咲いてないのかと思っていたので、嬉しい誤算でした。

P8186337 撮影条件は同じだと思いますが、こちらの花は紫系ですね。

実はこの付近を歩いているとき、同行のTさんが絶不調で、撮影はただシャッターを切ったという程度でした。

今まで不調のTさんはあまり見たことがなかったのですが、この日はすさまじいブヨの攻撃と草の露を避けるために雨具の上下を着ていたのとで、熱中症気味だったようです。後で聞いた話では、足が何度もつったとか・・・。去年、北アルプスで調子を崩した後輩と全く同じ症状でした。

幸い、下山後間もなく体調もまずまずになったようでほっとしました。

コメント

keitann様 こんにちは
同行の方の体調不良は大変なことでしたね。
熱中症の症状をネットで調べていてこんなことが書いてありました。
>熱痙攣(ねつけいれん):水分補給が足りず血液の塩分が不足し、足や腕、腹部などに痛みとともに痙攣が起きる・・・・・・・・
というものでしたが、もしかしたらこれが当て嵌まるのでしょうか。高温多湿というのも悪いようですね。
ともあれ、下山時には元に戻られたようでよかったですね。

小生も暑さに相当弱いようで、気をつけていますが、この夏はついに出歩くことをしませんでした。

ツクシクサボタンはなるほど、ある場所には密度濃くあるものですね。
ヤクと花糸との関係は手に取らないとわかりにくそうですね。

ぶちょうほう様、こんばんは。
この熱中症というのは、案外、急に起こるものですね。
私も去年、後輩の様子を見ていたので、すぐにポ○リを勧めたのですが、何しろブヨの襲撃が
すさまじく、何かをするために立ち止まると、手といわず顔といわず射されるという状態でした。
そのために水分補給や塩分補給がうまくいかなかったようです。
私は去年の後輩の症状を見ているので、夏場の山歩きは、その後必ず、そういう飲料を何種類か
用意します。そして、休憩時にはまずそれを飲んでいます。
このときのTさんの症状、もまさしくぶちょうほう様が検索してくださったのと同じ症状でした。
若いうちは体力があるので、ある程度カバーできても、年とともにそんな症状も出やすくなるようです。
私たちの年齢では早めに予防するのが大事ですね。

ツクシクサボタンは葉っぱの厚さなども、普通のクサボタンよりぼってりとしていて、頑丈そうでした。

思いがけなくもすばらしい写真を拝見しました。
葉が混んでいて、分厚くて、葉脈が切れ込んでいてがっちりした感じですね。
自生地の様子がこんなによく分かる写真は始めて見ました。
どうもありがとうございました。

ローランさん、こんばんは。
球根など、無事着いています。
ありがとうございました。先ほど、植え付けてきたところですよ。
メールはまた明日にでも書きますので、よろしく。
四国カルストのツクシクサボタン、喜んでいただけて良かったです。
たぶん、四国のはずれの四国カルストには私もそうそう来る機会もないだろうと思い、
画像だけはたくさん撮っておきましたよ。
がっしりとした、いかにも南方系のクサボタンという感じを受けました。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく