« スプリングエフェメラル岡山版、その4、アズマイチゲ | メイン | スプリングエフェメラル岡山版その6、ケスハマソウとユキワリイチゲ »

2009-03-22

スプリングエフェメラル岡山版、その5、ミスミソウ

四国でもケスハマソウは咲きますが、岡山の山地にもかなり咲くようです。今まで2月に少しだけ様子を見ていた場所でも、すでに気の早いケスハマソウが咲いていましたから・・。同行のRさんから立ち寄りたいという場所のリクエストもあって、私が見たかった場所と二箇所でユキワリソウのお花見となりました(ユキワリソウというのはミスミソウやスハマソウなどを総称してつけられた栽培種用の名前です)

P3173232

まずは保護されている場所のミスミソウです。樹林の下のあちこちでほんとにたくさん咲いていました。この場所はピンクの花の株も色が淡いのから濃いのまで様々で、一つ一つの色を楽しみながら見ていくのも楽しかったです。

ミスミソウは葉の先が尖るのが特徴だそうです。

P3173140 ピンボケですが、岩の上に生えた株なので、葉っぱがわかりやすいのでアップしてみます。

葉先がスハマソウみたいに丸くならず尖っていますね。

分布は本州(中部地方以西)九州となっています。

P3173172 色の濃いピンクの株は少ないですが、それでもところどころで咲いていました。

この濃いピンクは私がいつも見に行く四国の自生地でも見かけるのですが、今年はまだ見ていません。盗掘などに遭ってなければいいですが・・。

P3173139 ピンクの花と白花のツーショットです。

手前の葉っぱはイチリンソウの葉っぱなので、もう少しするとイチリンソウが咲くようです。

もっとも、山歩きしていると、イチリンソウやニリンソウの葉っぱは珍しくはありませんが・・。

P3173166 こちらは清楚そのものの白いミスミソウ。

P3173192 ピンク花の中に白が少し咲いている様子も格別でした。

P3173193 点々と小さな花がまるで星のようにたくさん・・・。

P3173232_2 ロープがあるので近寄れないこともありますが、こんな風に群生している様子はマクロよりもこんな撮り方が花の可愛さが出ると思いました。

P3173226 後ろをぼかして撮影してみた画像です。

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく