« タカネバラ、下見、その3、植林から自然林へ | メイン | タカネバラ、下見、その5、キバナノコマノツメ »

2009-06-21

タカネバラ、下見、その4、タカネバラ咲いてた

渡渉点から10分も登れば、最初のタカネバラの株が出てきます。花芽が膨らんでいるのか、あとどのぐらいで咲きそうか、それとももう咲いているのか・・・いろいろ想像しながら登ります。いちばん楽しい時間ですね。

場所はだいたいわかっているので、そろそろ最初の株が現れるはず・・・。

P6171489

  咲いてました~。嬉しさに思わず、1人で歓声を上げてしまいました。一生懸命撮影していたら、後方で人の気配が・・・。ご夫婦が、大きなワンちゃん連れで登ってこられました。やはりタカネバラを見にこられたようです。

ここからは撮影に時間を食うのがわかっていたので、先に行っていただきました。

P6171493 ワンちゃん(大きなゴールデン・レトリーバーでした)が可愛いので撮影しようと思ったら、あっという間に登山道を駆け上がっていって、尻尾しか撮影できず・・。

このワンちゃんとは後で山頂付近でも再会することになりました。それにしても元気なワンコでした。

P6171490 ここからはほぼ花が途切れずに咲いているので、距離が長いのもさることながら、撮影に時間を取られるので、またまたスローペースでした。

こちらはヤブウツギです。

P6171491 シモツケはまだまだ花芽です。

P6171508 途中ちょっと道がわかりにくいところがありますが、岩に「赤石」と書かれています。

P6171510 タカネバラは花芽も濃いピンクで愛らしいです。

P6171547 花芽はたくさんありますから、これからしばらくは楽しめそうです。

P6171536シロドウダンでしょうか。去年より花つきが良いように思います。

P6171549 ところどころで、展望が開け、南に大座礼の姿が見えます。

一昨年の秋にこのコースを登ったときは背中や後頭部に陽射しが照り付けて暑かったのに、今の季節は日が高くて木々の葉が陽射しを遮ってくれるので、全然暑くありません。

標高も1500近くなり、空気がひんやりとしていて、快適そのものです。

P6171553 数は少ないですが、ヒカゲツツジの株も見えます。

P6171570 飛び切り色の濃いタカネバラが二輪咲いています。

標高が高くても、日当たりが良いので、トラバース道の少し下でも咲いています。

P6171582 恐らく、今週に入っての暑さで一気に咲き始めたのでしょう、どの花も初々しかったです。

P6171595 フジイバラのほうが開花が遅いようですが、こちらも1株だけは開花していました。

P6171600 シモツケソウはまだまだ花芽です。

こちらは7月にならないと咲かないんでしょうね。

P6171601天気が良いので、東赤石の山頂が見えてきました。

P6171611 このタカネバラも惚れ惚れするほど綺麗でした。

P6171618 画像はあまりアップしていませんが、このイヨノミツバイワガサもあちこちで咲いています。

P6171614 ガク片が二枚なのでコツクバネウツギのようです。ここのは黄色が鮮やかで綺麗です。

P6171625 ヒロハヘビノボラズの花は終盤でしたがなんとか撮影できました。

この花も去年は雨の中、傘を差しての撮影でほんとに大変でした。

雨が降ってないって、ほんとにありがたいです。

P6171635 11時50分、ようやくトラバース道に出ました。

なんと渡渉点から1時間半もかかってしまいました。(^_^;

それだけ花がいっぱい咲いていたということでしょうね。

コメント

こんにちは。
タカネバラが綺麗に咲いていて良かったですね。
もちろん私は見たことがありませんので、写真で楽しませていただきました。
とても良い色合いですね。

こんばんは。
土曜日は雨の中一人で14時過ぎに登り始め最初のタカネバラを見て下りました。
傘をさしてのぼっていたし、午後の登山で下る登山者数人が奇異に映ったみたいです。
日曜日は瀬場から友人と登りました。
頂上付近から雨が降り出し、権現越えの途中で引き返し沢コースで下りました。
おかげさまで見たい花は全て見ることが出来ました。
ありがとうございました。

多摩NTの住人様、こんばんは。
タカネバラにはまだちょっと早いだろうと思っていたのですが、咲いていてほんとに嬉しかったです。
多分このシーズンのタカネバラ誰よりも早く見たかもしれません。

とても野草とは思えないような派手な色ですが、橄欖岩の色とあいまって美しいんですよ。

滝花さん、こんばんは。
昨日の香川はよく晴れていたのですが、愛媛の山は土砂降りだったようですね。
そして、今日は香川の平野部でも雨模様だったと言うのに、高知の山に行っていた山友達の話では
雨はそれほど降らなかったとのこと。

山頂付近から雨が降り始めたということは、それまでは何とかもってくれたようですね。良かった・・。
お天気がずっと気がかりでした。

今日ご覧になった花、メール添付か、宮本さんのところでご紹介いただけると嬉しいです。
二日続けての山歩き、ほんとにお疲れ様でした。

タカネバラ、なんて繊細な花なんでしょう~!!!まさに高嶺の花!
持ってる山渓の図鑑をパラパラしてみたら、
タカネバラの分布は本州中部以北と四国なんですね。
それに、分布が限られるフジイバラまで、同じく四国にあるんですね~
むふふ…待っててください…四国の山に、きっと行きますから~(^^)

育ててらっしゃるタカネバラ、順調に育つといいですね~
私もサンショウバラかタカネバラのどちらかを…と思ってるんです。

rubys pawさん、こんばんは。

東赤石のタカネバラは北アルプスのよりも綺麗ですよ。
フジイバラもたくさんります。

是非、来年は登りに来てくださいね。
標高差1000mありますから、少しトレーニングしてからね。

うちの庭のタカネバラ、今日も咲いてましたよ。
でも、一旦、山のを見ると、やっぱり、物足りないですね。

でも文句は言えないか・・・。

サンショウバラは確か棘がないバラでしたよね。

タカネバラもうちでも育ちますので、きっと九州でも大丈夫ですよ。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく