« 北アルプス最北の山旅、その20、下山 | メイン | 剣山のキレンゲショウマ、復活なるか?その1 »

2009-08-02

今更ですが、日食など、そして白馬余談

白馬から帰ってきて、数日後に、話題になった日食がありました。

特に気にはしてなかったのですが、庭の花もいろいろ咲いていたので、カメラを持って外に出てみて、空を見上げたら、日食が始まっていたのでした。

P7225828

7月22日、10時32分の撮影です。丁度、薄黒い雲がかかっていて、それがベールをかけたようになってくれて、日食撮影用の何の準備もしてない私のカメラでも撮影知ることが出来ました。また肉眼でも見ることができました。

P7225842 こちらは10時46分撮影の太陽です。

かなり細くなっています。

何の準備もしてなかったので、晴天なら観察することも撮影することも出来なかったはずですから、曇りがちだったその日のお天気に感謝すべきかもしれません。

P8026001 で、これはどこの山だと思われますか?

実はこのカレンダー、私のパソ部屋のデスクの前に吊ってあるカレンダーです。

二か月分ずつが一枚になってあるカレンダーなのですが、高いところに貼ってあるので、デスクの上に登らないと剥がせません。

横着ものの私は、7月分のカレンダーを一番下にちょこっと書いてある翌月のカレンダーで代用していたのです。(^_^;

それが7月も終わり、さすがに8月のまでは書いてないので、仕方なくデスクに登って剥がしたとこと、こんな写真が現れました。

ん?どこかで見たような??

そうなんです、これって白馬杓子岳と白馬鑓ヶ岳なんですよね。

P8026000 義弟夫婦は仕事上でカレンダーも扱っているので、その年の初めに見本のカレンダーをどさっと頂くんですが、私が山好きなのを知っている義妹が山のカレンダーを選んで届けてくれるんです。

こんなことなら、不精せずに7月1日にカレンダーをめくって、毎日白馬の姿を見てれば良かった・・・なんて。

でも、勿論、本物のほうが迫力ありますよ~。

090715_11330002sirouma これ、携帯で撮影した白馬杓子方面です。

待ち受けサイズで撮影したので、大きくすると画面がぼやけてますが、何とかこの画像だけでも山友達や先輩に送ることが出来てよかったです。

白馬山荘で辛うじて送信できましたが、その後、電波の通じるところはありませんでしたから。

P8026016 そして、これ、おわかりの人にはおわかりだと思いますが・・・。

そう、六花亭のお菓子の包装紙です。

実は昨日、大学時代の同期の山仲間のIさんが、送ってきてくれたものです。

朝日岳の下りで見かけたネギみたいな花が何の花だかわからなくて困っていたところ、7月31日に、お二人の方から行者ニンニクと教えていただきました。

そこでギョウジャニンニクの検索をしていたところ、六花亭のお菓子の包み紙にギョウジャニンニクの絵が描かれているという記事がヒットしました。

その翌日、奇しくもIさんから六花亭のお菓子を送っていただけるなんて、あまりにもタイミングが良すぎて怖いぐらいでした(^_^;

Iさんは横浜在住ですが、昔は一緒に妙高や火打を歩いた仲で、16名いた同期の山仲間の中で、女子部員はIさんと私だけで、私はIさんに勧誘されて、山の同好会に入ったのでした。

そのIさんですが、今は山にはあまり登ってなくて、それでも私のブログを時折見てくれています。そして、一週間ほど前、ブログを見てくれて、白馬の稜線の画像を見たとたん、懐かしさにメールをくれたのでした。白馬~雪倉~朝日というコースは彼女が1年のときに歩いて、とても良かったからと、私に勧めてくれたコースなのです。それで私は4年のときに針ノ木~白馬~雪倉~親不知というコースを選んだのでした。当人のIさんはそのことをすっかり忘れていましたが、山登りを忘れかけていたIさんに山の素晴らしさを思い出してもらっただけでも、ブログを書いた意味があったと、嬉しくなりました。

そのIさんから送られてきた六花亭のお菓子の包装紙・・・いろいろなことが絡まっていて、ほんとに偶然ではないような気がしました。お菓子を買ってきたのはIさんのご主人で、学生時代の山仲間でもあるM君です。北海道出張の折に買ってきたそうですが・・。

P8026018 そして、これが件のギョウジャニンニクの絵ですね。

確かにそうです。

図柄は他にもハマナス、エゾエンゴサク、スズラン、カタクリ、ヒオウギアヤメなど、北海道を代表する野草でしょうか。可愛くて見ていて飽きません。

ところで、Iさんからその後メールが来て、このブログの画像に刺激されて、急遽、ご主人のM君が立山室堂付近を散策するといって、宿を予約してきたとか・・・。

二人の散策の報告を待ってます。

Iさん、ごめんね、ブログネタにしてしまいました。

でも、二人が昔のままの山の雄大さを味わって帰ってきたら、とっても嬉しいです。

コメント

昨年のキレンゲショウマのブログ拝見しました。私も今月予定しているのですが、鹿の食害の事を知り、もし差し支え無ければメールでもう少し詳細にお教え頂けませんでしょうか?

穂高さん、こんばんは。

HP,拝見させていただきました、
百名山を完登されているんですね。すごいですね。

HNの穂高武尊の武尊のほうは上州武尊山から取られたのでしょうか。
私も上州武尊山には大学一年のときに登っていて、懐かしい山です。
キレンゲショウマの件ですが、ここ数年、剣山のキレンゲショウマは鹿の食害がひどかったのですが
地元の方たちの努力で段々復活してきているようですよ。
今年もすでに咲き始めたようです。
後ほどまたメールを書きますので、よろしく。

keitannさん,こんばんは!
今回の記録も大変楽しく拝見しました。大長編お疲れさまでした!
鹿島槍の写真が出た時,自分が今年計画しているお山だったので,うれしかったです。
ワタシは山先輩のA氏と7月28日に鹿島槍に向けて出発したものの,扇沢が大雨で断念,せっかくなので,富山側にまわって立山に登ってきましたが,立山も途中から暴風雨でした。
お花はほとんど撮影できず,景色もガスって見えずでしたが,雷鳥荘の温泉は気持ちよかった!

kamatamaさん、こんばんは~。

鹿島槍を目指されたとのこと、でも、雨と風で立山室堂に変更されたとのこと、蘭ちゃんや
エントツ山さんのところで拝見しましたよ。

鹿島槍って格好いいですもんね。
私たちが白馬に登る前、安曇野を車で北上してたら鹿島槍の姿がずっと見えていて、涙が
出そうでした。
実は今回一緒に登ったYさんの旦那は私の同期の山仲間なんですが、その旦那のほうからは
鹿島槍に登ろうかという話もあったんですが、時期が合わなくて・・。
立山は大学2年のときに大日から剣、立山、剣と縦走したときに歩いてますが、下から軽装で
登ってくるのでびっくりした覚えがあります。大きなキスリング背負って歩いてる私たちって??
なんて思いましたよ。
北アルプスはやはり高山の雰囲気と咲いているお花も独特ですから、毎年一度は行きたいところですね、。
次回は晴れるといいですね~。
鹿島槍にも再チャレンジしてみてくださいね。

kamatamaさん、すみません。
書き間違えてますね。

大日~剣~立山~薬師ですね。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく