« スズサイコ | メイン | センニンソウ »

2011-07-22

ノカンゾウ

実はスズサイコの咲く場所にはノカンゾウも咲いていたのに、スズサイコの撮影に夢中になってしまい、ノカンゾウの画像は離れたところから一枚撮影しただけです(^_^;

P7204993

ヤブカンゾウはうちの庭に嫌というほど咲くこともあって、珍しくないのですが、ノカンゾウのほうは郊外の田園地帯まで行かないと、ちょっとお目にかかれません。

花はヤブカンゾウが八重咲きなのに対して、ノカンゾウは一重咲きですっきりしています。

最初見たときはコオニユリが咲いてるのかと思ったのですが、良く見るとノカンゾウでした。

P7204982 ノカンゾウの後ろに見えているのがユウスゲの株です。

このときはお昼前だったのでユウスゲは前日の夕方の花はすでに萎み、その日の花は4時にならないと咲かないので、ユウスゲを見るには中途半端な時間でした。

P7204977 これもスズサイコに夢中になっていたせいで、遠くから一枚だけしか写していないカワラナデシコです。

ナデシコジャパンの優勝直後だったので、もっときちんと撮影すべきでしたね。

P7204976 こちらは田んぼの畦近くで咲いていたヤブカンゾウです。

ユウスゲ、スズサイコ、カワラナデシコともに、人の手の入った場所、つまり適度な草刈をされている場所に見られるようです。

言い換えれば、適度な人の手が入らない場所では存続が難しい植物といえるかも知れません。

この場所は田園地帯にあって地域の人が農作業の合間にきちんと草刈をされているので、これまで絶えることなく貴重な植物が残ってきたようです。

P7204987 すくすくと育つ稲田をバックに咲いているヒメジョオンです。

P7204983 畦ではコマツナギも咲き始めていました。

良く手入れの行き届いた田園地帯の植物は、深い山で見る植物とはまた一味違う雰囲気を持っていますね。

コメント

keitann様 こんにちは
ノカンゾウとヤブカンゾウを比べると、やはりノカンゾウのほうが花びらがスッキリしていて、印象は格段に上のような気がします。

このほかにベニカンゾウという種類がありますね。
小生は以前山間部の田んぼの縁で沢山見たことが有り、そのうちの一株を自宅に持ってきて植えていたのですが、年々株が小さくなり、5年ほどしたら消滅してしまいました。
あれもスッキリしていて美しかったですね。

雨滴の付いた花もなかなか良いものですね。

ユウスゲとノカンゾウのツーショットはユウスゲが花開いているときなら、良い写真になるかもしれませんね。

ぶちょうほう様、こんにちは。

ノカンゾウの花のほうがすっきりしていて、美しいと感じるのは同じですね。
そのためなのか、ノカンゾウのほうが野山で見る機会が少ないように思います。確か、高知にノカンゾウが多く見られる山があったと思いました。
ベニカンゾウというのは初めて聞いたのですが、検索してみるとノカンゾウの花色のとりわけ赤みが強いのを言うようですね。一度見てみたいものです。
夕方5時ごろに訪れたなら、ユウスゲの良いショットが撮れたかもしれません。このときは所用も兼ねていましたので、中途半端な時間の訪問となりましたが、スズサイコが見られたので、良しとせねばなりません。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく