« 011年、秋の小豆島、その5、島で見るシマカンギク | メイン | 県西部のシマカンギクを見る »

2011-11-22

011年秋の小豆島、その6、シマカンギクの交雑種

帰り道は来たのと同じ道を走ったのですが、往路で白い菊の花も見ていたので、リュウノウギクかと思い、帰りは車をとめてみました。

それが近寄ってみたら・・・

Pb158553

リュウノウギクではありません。

色も真っ白ではなく、ごく淡い黄色です。

ちょっと前にシマカンギクとリュウノウギクとの交雑種を見たばかりですが、ここは海抜0mの海岸沿いで、周囲にはリュウノウギクは見当たりません。周辺に、人家があるので、イエギクとの交雑種ということも考えられるでしょうか。

Pb158556 リュウノウギクかと思っていたのは、全部、この交雑種でした。

Pb158555 直ぐ近くには普通のシマカンギクもたくさんあります。

Pb158558 でも、この交雑種のキクの淡い色合いがなんとも好きです。

Pb158561 春のスミレも面白いですが、秋のキクもまた交雑が多くて、ややこしいのですが、見る分には面白いですね。

Pb158565 フェリーの時間までにまだ間があると思い、肥土山の農村歌舞伎の舞台まで足を伸ばしました。

でも、5時半だとばかり思っていたフェリーの時間が4時15分だったのに気づき、慌てて港に向かったので、もう一つの中山の農村歌舞伎の舞台は見学できませんでした。ちょっと残念です。

Pb158569 草壁港へと車を走らせていたら、目の前に碁石山方面が見えてきました。

小豆島の山々はなかなか個性的です。

Pb158571 これは去年登った拇岳ですね。

こちらから見てもほんと岩場です。

Pb158572 帰りのフェリーにはまずまずの時間で間に合いましたが、この時期は平日でもかなりの車と人が乗り込みます。

帰りの船からは綺麗な夕日が見えたのですが、横着をしてデッキに出ずに船の中から撮影したら、船内の窓ガラスが汚れていて、あまり綺麗ではないですね(^_^;

とにもかくにも数十年ぶりに主人と一緒に行った小豆島でしたが、観光半分、花散策半分という感じでどっちつかずでしたが、たまにはそういうこともありですね。

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく