« 東赤石の夏の花を見に行く、その6、コオニユリ | メイン | 東赤石の夏の花を見に行く、その8、シャクジョウソウなど »

2012-08-18

東赤石の夏の花を見に行く、その7、下山

山頂の岩の上で、帽子を顔にかけてしばらくお昼寝しましたが、やはり暑くて寝心地はあまり良くありませんでした。

北アルプスの雪渓を吹き渡る風を受けながらお昼寝したのが懐かしい・・・。

P8096524

それにしても、稜線まで登ればタカネマツムシソウが咲いているかと思ったのですが、山頂付近には咲いてないようです。

たぶん、八巻山まで稜線伝いに歩けばどこかで咲き残っているだろうと思いましたが、八巻山まで行ったら、また赤石山荘に下ることになり、そうなると下山が登りと同じコースを下ることになります。なるべく違うコースを歩きたいので、八巻山まで歩くのは止めにして、せめて三角点まで行ってみようかと思いつきました。三角点辺りも岩場になっているので、もしかしたらタカネマツムシソウが咲いているかも・・・。

P8096518
二ツ岳は見えているかと、北側の岩の上に移ってみたら、二ツ岳もガスに巻かれて部分的にしか見えていませんでした。

ザックを山頂に置いたまま、三角点にだけ行ってみることにしてみました。

P8096525
山頂から稜線伝いに5分も歩けば三角点です。

P8096526
これが東赤石の三角点です。

こっちのほうが休憩などするには適しています。

P8096534
ちょっと辺りをうろうろしましたが、残念ながらタカネマツムシソウはこの付近には見当たらず、代わりにコウスユキソウが群生していました。

P8096536
これは秋の花リンドウの葉っぱとすでに花が終わったキバナノコマノツメの葉っぱです。

P8096537
南側の稜線直下を見下ろすと、ガスが少し上がってきていていい雰囲気・・・。

P8096538
13時32分、再び、山頂へと引き返してきました。

そして、そのまま下山することにします。

山頂から眺めると、瀬戸内側は完全にガスに巻かれてしまいました。午後の東赤石はこのパターンが多いですね。

P8096539
そのまま下って、13時50分にトラバース道に合流しました。

トラバース道を少しだけ西に歩いて、右俣の道を下ります。

6月末にタカネバラを見るために登ってきた道を今回は下ります。

この道を下りに使うのは4年ぶりぐらい??

P8096545
ヤマアジサイもさすがに終盤になっていました。

P8096546
クサアジサイの手前で咲いているのはクサコアカソかな??この仲間は難しいです。

P8096550
この場所にはナンゴククガイソウがあるな~と思いながらも、花を見るのはずいぶん久しぶりのような?

P8096551
セリ科のこの花は、ツルギハナウドですね。

これだけは難しいセリ科の中でも比較的簡単に見分けがつきます。

P8096552
全体の姿です。

これも絶滅危惧Ⅱ類のようです。

P8096554
橄欖岩がごろごろした道は登るのも大変ですが、下りもそれ以上に膝に来ます。

P8096560
14時45分、ようやく植林帯へと入りました。

いつもだと、植林の中を歩くのは退屈ですが、今回はごろごろ岩歩きが終わって、土の道になったのでほっとしました。

P8096561
この辺りはアサマリンドウやツルリンドウが多いところですが、今年は花が遅れているのかツルリンドウの花がまだ咲いていませんでした。

花芽はかなり膨らんでいるので、8月下旬には咲くことでしょう。

P8096563
ここでもヤマジノホトトギスを見かけました。

P8096565
林の中ではこんな赤いキノコが生えていました。

今年の梅雨はいつになく雨が多かったので、キノコの仲間はずいぶん見かけました。

P8096583_2
15時20分、渡渉点を通過した後、お気に入りの沢でスダレギボウシが咲いていました。

このギボウシは真夏に咲くギボウシのようです。

P8096587
他のものが覆いかぶさっていますが、スダレギボウシの葉っぱと花です。

このギボウシは葉が特に綺麗ですね。

P8096588
お気に入りのいつもの沢ですが、梅雨の最中の前回ほどは水量が多くはなかったです。

P8096590
ここでもイワタバコの花が咲いていましたが、私の知る限りではっここより上ではイワタバコの株は見かけませんでした。

イワタバコは暖かい場所の植物なのか、標高の高い場所では見かけません。

P8096594
15時40分、分岐まで下ってきました。

後一頑張りですが、ゴロゴロの岩の道を下ったせいか、左の膝が少し痛くなってきました。

つま先も少し痛くなってきたので、靴ひもを結び直して、最後の下りにかかります。

いつもより時間は早めなので、膝に負担を与えないよう、ゆっくりと下りました。

P8096597
瀬場谷の辺りでは何年か前にも見たことがあるコフウロが咲いていましたが、この花、ほんとに小さいです。

P8096609
16時40分、膝が痛いながらも何とか下山しました。

6月に下った時は雨の中でしたが、膝など痛くならなかったのですが、やはり右俣の下りは岩が多いので登りも大変ですが、下りに使うのも考え物ですね。

それでもこの時刻に下れば、早い時間に帰宅できるのでずいぶん楽ですね。

やはり1時間早く登り始めたおかげで、ゆっくり撮影しながらも時間に追われることなく歩けました。早起きは三文の徳とは良く言ったものです。

P8096614
帰り道では今年の初見となるクサギの花を撮影しました。

花を見るたびに、「今年もそんな季節になったのか」としみじみ感じずにはいられません。

コメント

こんにちは。
たいへんお疲れさまでしたね。
下界はまだまだ残暑が厳しいですが、山頂でも暑かったんですね。
山の花はいつも勉強になります。

多摩NTの住人様、こんばんは。

東赤石は真夏に登ってもあまり暑さを感じることが少なかったのですが、今回はさすがに晴れ間があったので、暑かったです。
でも、沢沿いの道は下界に比べれば涼しく、じっとしてれば肌寒いほどでした。

山で見る花は下界の花とはまるで違いますし、真夏でも花の種類が多いので楽しいですよ。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく