« センニンソウほか | メイン | 初秋の高知花散策、その1、カノコユリ »

2013-08-27

ヤブミョウガ

ここのところ、雨が降ったりちょっと用事もあったりで、山にも野草散策にも行ってなかったのですが、今日は岡山に住んでいる孫の満一歳の誕生日でした。

未熟児で生まれたうえ、生後10日ぐらいで7時間にわたる心臓手術を受けた孫は、正直、この先、生きていけないのではないかと、私は内心思っていたほどでした。それが今では小さいながらも、一人前に育っています。

娘婿も今日は夏休みを取ったそうで、孫と、娘夫婦、そして私たちジジババで、岡山の池田動物園と言うところに行ってきました。

P8271596
池田動物園と言うのは岡山市内の京山という低山の山裾を利用した動物園らしく、坂道を登って周回するといろいろな動物が見られるようになっています(といっても初めて訪れたのですが)

ですから、動物を見ながら歩いている小道沿いは鬱蒼とした林になっていて、木々の株もとにはヤブミョウガが咲いていました。

今年は、猛暑だったため、低山には全くと言ってよいほど近づきませんでしたので、ヤブミョウガの花もこれが今年のお初です。

P8271595いつも私がヤブミョウガを見ている山では、そろそろ実になり始めているのではないかと思います。

余談ですが、親類からミョウガの根?苗?をいただいて、今年はミョウガを植えているのですが、茎や葉の様子はヤブミョウガそっくりです。ですが、ミョウガの花は、先ほど検索したら、地下からあの食用にするミョウガが出てきて、その先に白い花を咲かせるそうです。

姿かたちはよく似ていても、花のつき方はまったく別なんですね。

 

ミョウガの花はまだ見たことがないので、これから少し気をつけて観察しなければ・・・。

 

 

コメント

keitannさん、こんばんは。

お孫さん、満一歳のお誕生日おめでとうございます。
生後10日ぐらいでの大手術、さぞ心痛だったでしょうね。
当方の娘も4週間も早い早産で低体重児、その後35日もガラス箱(差し詰めガラス箱入り娘^^)でしたが
今や病気一つしない丈夫な体になっています。

k2さん、こんばんは。

ありがとうございます。
k2さんのお嬢さんも低体重児で保育器に一カ月余りも入られていたんですね。
実は孫の父親である娘婿もやはり低体重児だったそうです。
今は元気で良く食べる娘婿ですが・・・・。
体重わずか1900gで7時間の手術は、周囲の者は生きた心地がしませんでした。
でも、おかげさまで。今は小さいながらも特に病気もせずに育っています。
あと一度、手術をしなければいけませんが、それは命に係わる手術ではありませんので・・。
私も小学校~大学に至るまで歯科と眼科にしか行った経験がありませんでした。
でも、うちの孫も二十歳ぐらいには山ガールになってるかも知れません(^_^;

こんにちは。
ヤブミョウガは植物観察を始めた頃、その宝石のような実を見て驚いたものでした。
ミョウガの花は、どこかの植物園で見たような、見なかったような・・。最近物忘れが多いです。この夏、そうめんにミョウガをたくさん入れて食べたせいでしょう。

多摩NTの住人様、こんばんは。

ヤブミョウガの紺色の実は綺麗ですよね。
高知のほうに行くと、ハナミョウガというのもあって、これも華やかできれいです。

ミョウガを食べると忘れっぽくなるというのは、大学の時に苗場山に一緒に登った
ミョウガ好きの同期の男の子が話していて、初めて知りました。
で、私もミョウガが好物ですよ。
うちでは細く切って、キュウリと若芽の酢の物などに入れますが、味が引き締まって
美味しいですね。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく