« 雪の翌日、弥谷さんへ、その1、見晴らしが良くなって | メイン | 雪の翌日、弥谷さんへ、その3、梅とメジロ »

2014-02-14

雪の翌日、弥谷さんへ、その2、ヤブツバキ堪能


上を見上げると、ヤブツバキの花が綺麗に咲いています。

弥谷さんのヤブツバキを見るのは2年ぶりぐらいなので、一生懸命撮影していると、後から子供連れの方が追い抜いて行かれました。

P2091748

石段の前を私が歩いているとき、大きな四駆の車を駐車されていた方たちでした、

子供さんは小学1年ぐらいの小さなお子さんで、「元気なお孫さんですね」と、そのお孫さんのお祖母さんらしき方に声をおかけしたら、「この前会った方ではないですか?」と言われました。

あ、そういえば、1月に山条山に登っているときに会ったお孫さん連れの方なのでした。あの時も少しお話したのですが、今回も立ち話を数分・・・。

お孫さんのほうが「山に行こう」と言い出すのだそうです。今から山好きだと将来は百名山踏破?それともアルピニストでしょうか。小さいうちから山に親しむなんて、素敵ですね。

P2091747

山門辺りで立ち話をしていたのですが、私はその後もゆっくりと撮影しながら登ります。

↑は山門のすぐ下にある俳句茶屋です。たまにここで飴湯や甘酒などいただきますが、この日はザックにテルモスとプリムスまで入れているので、休憩は登ってからのお楽しみですね。

P2091751

前日の名残の雪が頭の上の赤い帽子に残っているお地蔵さん・・・。

P2091754

ヤマアイも雪で葉っぱが艶々として綺麗でした。

咲いている花を、何とか見つけましたよ。

早い年にはお正月頃にすでに咲いていますが、今年は遅いようで、まだ一輪しか咲いていません。

ヤマアイの葉でも藍染が出来るそうですよ。

P2091756

やらせではない、正真正銘、雪の上に落ちていたヤブツバキの花・・・。

ひときわ鮮やかです。

P2091759


こちらのお地蔵さんも半分雪に埋もれて寒そうでした。

P2091760

ヤブツバキの木にも雪・・・・。

 

P2091778

青空を背景に咲いている木もあります。

ヤブツバキは樹高の高いものでは10mほどにもなります。

日当たりのよい場所では花つきも良いみたいでした。

P2091771

この日はお遍路さんも多く、足元を気にしながら、下って行かれます。

P2091779

光があるので、ヤブツバキの赤が目にまぶしいほどでした。

 

 

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく