« 春の梶ヶ森散策、その2、八畝の棚田周辺 | メイン | 春の梶ヶ森散策、その4、ゴロゴロ八丁を登る »

2015-04-24

春の梶ヶ森散策、その3、早春の花々

龍王の滝の駐車場に着いたのは、なんと10時35分のことでした。

あちこちで寄り道したとはいえ、登山口まで4時間もかかったというのは、今までの最長記録かも?

駐車場近くではクロモジの花が丁度綺麗に咲いていました。

私はこの仲間の花が大好きなのです

P4112817

↑枝が暗い緑色をしたり、幹の色が黒っぽいのでクロモジと言われています。

クロモジは和製ハーブで、高知ではクロモジとほうじ茶で作ったお茶を売っているので、時々買ってきて飲んでいます。

我が家にも鉢植えですが、クロモジを植えているんですよ。

P4112818↑ヤナギはずいぶん種類が多いので、私には見分けは出来ませんが、この日は雨こそ降っていないものの、空中湿度がうんと高くて、どの木々もしっとりとしています。

P4112833

歩き始めは10時55分です。

↑歩き始めてしばらくするとハルトラノオが咲いていました。

ハルトラノオは愛媛の皿ヶ嶺には多いですが、梶ヶ森にもずいぶん多くて、この後もいたるところでハルトラノオを見ることができました。

P4112835

↑ずいぶん小さくて、最初は何だろう?と訝ったほどでした。

咲き始めのセントウソウです。

里山ではもう草丈も伸びてしまっていますが、ここ梶ヶ森ではまだ草丈5センチほどでした

P4112838

前日までの雨で、龍王の滝も水量が多いです。

考えたら、秋にも夏にも来ているのに、春に来るのは初めてです。

P4112840サイコクサバノオもまだ開いていません。

日が射さないので、開花は望めそうもないですね。

気温もこの時期としてはずいぶん低めで、私には珍しく3枚も着たまま登っています。

P4112841

葯の赤いネコノメソウの仲間が出てきました。

ネコノメの仲間はずいぶ種類が多くて、その場では判断で気なので、試薬の色だけしっかり撮影して、帰宅して調べました。

葯が暗赤色なのでヨゴレネコノメでしょうか。

香川や愛媛ではあまり見たことがないと思います。

P4112844サイシンの仲間も芽出しをしています。

これもまだ出始めなので、何だかわからなかったのですが、龍王の滝付近にはクロフネサイシンが自生するとのことなので、クロフネサイシンだろうと思います。

P4112851

コチャルメルソウも咲いていますが暗いのと色が地味なので、あまりぱっとしない画像になりました。

P4112853ユリワサビもこれ何?と思ったほど小さくて、草丈5センチもありません。

P4112855

まだまだ冬枯れの延長みたいな森の様子です。

P4112859

それでも登山道から一段下の林床を見下ろすと、バイケイソウの青々とした芽吹きが見えています。

これ、ギボウシの芽吹きと間違って食べる人が多いんだそうです。

バイケイソウと言えば、うんと以前、ナスビ平にカタクリの花を見に行くと、その上の稜線に出るまでの登りで良く見かけたものです。シカも食べないので、四国の山にはバイケイソウだけは多いです。

P4112860今年みたいに雨が多いと、苔が見事ですね。

P4112864少し上に目をやると、アブラチャンの小さい黄色い花が咲いていました。

雨は降ってないのですが、花の周囲に水滴がついて、いつも見る雰囲気とはまた違います。

P4112868何とも瑞々しい・・・・

P4112870沢の流れはどんどん狭まって、源流に近づいている様子・・・

P4112873花だけ見るとアブラチャンにそっくりですが、枝が緑色をしているのでクロモジとわかりますね。

花もアブラチャンより大きいです。

コメント

こんにちは。
私もクロモジの仲間の花はとても好きです。早春の楽しみですね。
セントウソウの咲き初めは少しピンク掛かっていますね。
この山道はとても楽しそうです。

多摩NTの住人様、こんばんは。

クロモジの仲間の花を見ると、春が来たな~と実感できて
嬉しいですね。
黄色い花は早春らしくて、雰囲気が良いですよね。
今年はヤマコウバシの花も確認できました。
セントウソウ・・・こんな早春っぽいセントウソウ、初めて見ました。
高い山は何度も春を感じられて得した気分になります。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく