« 2015年秋、里山の果実いろいろ | メイン | 2015年秋、ノコンギクとシマカンギク »

2015-11-19

2015年秋、里山の野鳥、ヤマラッキョウ、コシオガマほか

10月になると、そろそろ秋から冬にかけての野鳥なども見かけるようになります。

この日は自宅でもジョウビタキを見かけましたが、山でもジョウビタキを見ました。

Pa316998

↑山で見かけたジョウビタキ♀です。

その後、自宅の庭にはメジロ、シジュウカラ、ヒヨドリなどは良く来ているようですが、ジョウビタキはその後見ていません。

Pa206480お遍路さんの手にヤマガラ・・・。

ここのヤマガラも良く餌付けされています

Pa206493私も少し餌をいただいて、ヤマガラ君を手に乗せました。

Pa206500片手にヤマガラを乗せながら、片手で一眼カメラのシャッターを押すのもなかなか難しいですね。

Pa206626コシオガマはほとんど花後の姿ばかりでしたが、かろうじて一輪だけ咲き残っていました。

それでも、例年なら咲き跡ばかりを見ていたコシオガマの開花株をこの山で確認できたので満足です。

Pa206629コマユミの木は里山では逸早く紅葉する木ですね。

Pa206638ヤマハッカ、ヨメナ、ツリガネニンジン・・・・紫の花3種類が入り乱れてシックなお花畑状態を呈していました。

Pa206627ヒキヨモギの咲跡も独特な姿をしています

Pa317013ヤマラッキョウやシマカンギクは晩秋に咲く花なので、まだまだ咲き始めの姿でした

Pa317098ミシマサイコも終盤の姿でした。

Pa317106

全体に細くて華奢な姿をしているミシマサイコです。

Pa317038独特な色に染まった低木がありました。

最初はコナラ?とも思いましたが、よく見るとヤマコウバシのようです。

ヤマコウバシと言うと、いつまででも落ちない葉が目立ちますが、紅葉し始めの色はなかなか渋くてきれいですね。

Pa317049同じくクスノキ科の樹木、ダンコウバイが花芽を上げていました。

よく似た黄色い花を咲かせるクスノキ科の花の中ではダンコウバイがいちばん大きな花を咲かせます。花芽の大きさもシロモジやクロモジより大きいですね

コメント

keitann様 こんにちは
小生は子供のころ、野鳥を飼うのが大好きでした。
でも、今はそういうことをできない時代になっているのが少し寂しいですね。
ホオジロ、メジロ、キクイタダキ、コジュケイ、ヤマガラ、シジュウカラ、スズメ、セッカなどを飼いました。
人間と一番相性が良かったのはスズメとセッカで、これは雛から育てましたので、手乗りも頭乗りもしましたね。
しかし、ヤマガラは人懐っこい鳥ではありましたが、手乗りにはしませんでした。
もっぱらカラ類の鳥を捕るための囮としていました。

この記事ではヤマガラが一般人の手に乗るくらいに人慣れしているので、これにはびっくりぽんです。
この鳥が、今後も、心がけの悪い人に、出くわさないことをお祈りたいですね。

今年は11月の下旬入りしようというのに、まだ暖かさが残り、不思議な現象ですね。
お陰で、まだ炬燵を出さないで済ませています。

ぶちょうほう様、こんばんは。

19日から関東方面へ所用で出かけていて、お返事が大変遅くなったことお詫び申し
上げます。
今回は東名高速を初めて走りまして、ぶちょうほう様のお近くも車で走ったよう
なのですが、なにぶん夜中だったもので、辺りの様子がわかりませんでした。

ぶちょうほう様は少年時代に野鳥を飼われていたのですね。
私の身の回りには、もうそういうのは見られない時代だったかもしれません。
主人は野鳥ではないですが、ジュウシマツを飼っていたのですが、私の妊娠後に
手放しました。
昔は今と違い、自然を相手の遊びが多かったですね。
私なども女の子でしたが、おままごとなどより小川でどじょうやめだかを捕まえた
クチですね。けれども野鳥を捕獲するという高度な遊びは教えてくれる人もなかったし
教えてもらったとしても出来たかどうか?
ヤマガラは香川の山ではあちこちで餌付けされているようで、手乗りするヤマガラは
何度も見たことがあります。
ヤマガラがいじめられたという話も聞いたことがありませんし、皆さん、山登りに
来られる方なので、心がけの悪い方は少ないのかもしれません。
我が家にもたまにヤマガラが来ますが、餌付けできるほどしょっちゅうは来てくれない
ようです。

今朝早くに、中央道経由で帰宅したのですが、途中で休憩した諏訪湖PAは風が冷た
かったけど、我が家にはまだ藪蚊がいて驚きました。
この季節としてはこんなに暖かいのはちょっとおかしいですね。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく