« 念願だった竜王山に登る、その2、山頂から法師越を目指して | メイン | 岡山のセツブンソウ »

2017-02-28

念願だった竜王山に登る、その3、法師越から車道歩き

山仲間たちと一緒に山に行くと、なぜか一緒に行動食を食べるのが楽しくてよく食べますが、一人で行くとこれが意外と食べません。一人で行くと歩きに集中しているということもありますが、それでもコーヒーだけは飲みたくなりますね。

コーヒーを飲んでいると、俄かに辺りが騒がしくなりました。

野鳥の群れが辺りの木々に飛んできたのです。

P2089198

↑見てみると、小さな野鳥…エナガです。

急いで望遠レンズに換えますが、エナガは小さいのとちょこまかよく動くので、まともに撮影できた試しがありません。

P2089195私としては珍しく、この日はマグカップ持参です。

P2089203エナガの集団は今度はヒノキの木に移動しましたが、撮影し難いのは相変わらずです。

P2089207

コーヒーを飲みながら、北側を眺めていると、海が見えているのに気付きました。

猫山東側の鞍部が低くなっているので、鞍部越しにたぶん宇多津の街と海が見えているんですね。意外でした。

P208920815時25分、休憩を終えて、今度こそ法師越目指して下るとします。

P2089210

少し歩いただけで、66番鉄塔が良く見えてきます。

P2089212

こんところにタンキリマメもぶら下がって・・・もう2月なんですけどね。

P2089213

そして、またまたウスタビガの繭が落ちているのを発見。

この日2個目でした。

P2089215アベマキの冬枯れの姿の向こうに66番鉄塔。

P2089221

どうやら、下りも終盤のようです。

P2089224_2植林の下に車道が見えてきました。

P208922615時37分、車道に下ってきました。

自分が出てきたところを見ると、明瞭な踏み跡になっていて、ここがとりつきだとすぐにわかる場所です。

P2089227

下ってきた場所は法師越のお地蔵さんから南側手前10mほどのところでした。

P2089228r

お地蔵さんの辺りは、垂直な岩場になっているお出、去年はここからはとても取りつけないと諦めたのでした。

P2089229

お地蔵様にも手を合わします。

一年ぶりですね。

去年は66番鉄塔からこのお地蔵様のところに下ってきたのですが、その時にもっと南側も見るべきでした。

P2089232あとは駐車場所までのんびりと車道歩きです。

車道からは鷹丸山が見えています。

面白いことに、車道に出て来たらスマホの地図上に正しい現在地が表示されるようになりました。

P2089233

こちらは小高見峰と66番鉄塔。

P2089235道端にはフユノハナワラビが数株見えました。

P2089247去年も眺めた説明板。

ここから金剛寺が見えるとあります。

P2089248確かに金剛寺が見えています。

平安時代はたくさんの僧侶が往来したのでしょうか。

P2089251

車道をゆっくり歩きながら、この辺りからも竜王山に取り付けそうだと見上げてみました。

P2089253

紅梅が良く目立っていて、もう春の兆しがありますね。

P2089256去年はこの方面から66番鉄塔まで登りました。

P2089260

紅梅だけでなく、山里にも白梅が咲き始めたようです。

1月に訪れたときには白梅は、まだ咲いてませんでしたが・・。

P2089264灯篭があるので、古い街道筋なのかもしれません。

四国のみちもここなのかもしれませんね。

P2089266

猫山と小高見峰との間の鞍部の下にちょうど金剛寺が見えています。

お寺の後ろのこんもりとした林にお経の入った経筒が埋まっているそうです。

P2089268

道端には、ヒメオドリコソウも咲き始めていて、ここでも春を感じることができました。

車まで戻ってきたのは結局14時25分でした。

お昼から家を出て、ちょうど良いぐらいの歩きとなりました

P2089273帰りに、金剛寺に寄ってみました。

勿論お参りもします。

P2089276石塔越しに竜王山。

もともと数年前にここから眺めた竜王山が良かったので登ろうと思ったのが発端でした。

P2089277370mピークと竜王山、この日歩いた縦走路が見えています。

数年前からの宿題がようやく果たせたので、満足して家路につきました。

コメント

こんにちは。竜王山登山はお疲れ様でした。早春の山登りもなかなか楽しそうですね。夏にはたいへんな藪道になるんでしょうね。イノシシも恐いですね。

keitann様 こんにちは
確かに一人で山を歩くときは、休みの時間も回数も少なめになりますね。
これは心の中で遊び心が相当トーンダウンするからなのでしょうか。
そんな中でも、敢えて休み時間を取った時に、静寂を独り占めできますね。
索餌回遊する小鳥は大概は群れで動き回りますので、頭の上で、身の回りが俄かに賑やかになることがありますね。
シジュウカラ・ヒガラ・ヤマガラ・などのカラ類はそういう傾向が特に強いような感じがあります。
小鳥を友にするコーヒータイムは山歩きならではの楽しみではないでしょうか。
冬枯れの山も少しずつ、力がみなぎってくることでしょうね。

多摩NTの住人様、こんばんは。

今日は岡山にセツブンソウ散策に行ってました。
一面真っ白なほど開花していましたよ。

竜王山は登山道がない山なので、地籍調査の後でなければ藪になってしまって歩き難いと
思ったので、なんとか今年の冬にと思っていました。
おかげさまでイノシシにも遭わず、周回することができました。

ぶちょうほう様、こんばんは。

私の場合は最近はお仲間と歩くことが多く、一人で歩くことが少なくなっていますが
たまには一人で歩くのっもいいものですね。
特に冬場は一人で静かに歩くとあれこれといろいろな思いがよぎります。
何度も歩いた道は様子が分かっているので遊び心もかなり湧きますが、初めての道でしかも
道のない山ですから、まずは無事に歩き通すということに重点を置いてしまいますね。
仰るように、このときもコーヒー休憩の初めごろは静かだったのが急に小鳥の鳴き声で
賑やかになりました。
下山時の車道歩きでもエナガとヤマガラの混じった集団を見かけました。
今日は岡山のセツブンソウ散策でしたが、岡山でもそろそろ花が咲きだす季節になって
いるようです。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく