« 3年ぶりの北アルプスへ、その7、日の出 | メイン | 3年ぶりの北アルプスへ、その9、白山が見えた »

2017-09-07

3年ぶりの北アルプスへ、その8、ウメバチソウ

弓折乗越を目指して、後一登りと言うところで、足元に白い花が咲いているのに気付きました。

P8270367umebatisu

↑2009年に白馬~雪倉~朝日岳と歩いた時、朝日岳の山頂付近でウメバチソウの蕾を見つけたことがありました。

それが7月半ばのことでしたから、8月下旬の今ではウメバチソウが咲いているのも納得ですね。

P8270370ハリブキの赤い果実ももう実っています。

P8270374オヤマリンドウはここでもまだ日照時間が短いので咲いていませんでした。

P8270377

仲良く二個くっついっているのはヒョウタンボクの木なのです。

P8270384

ウメバチソウとアキノキリンソウと言う秋のツーショットも撮影できました。

P8270386弓折れ乗越からジグザグと稜線を登ってくるRさん。

次の休憩で、そろそろ帽子は必要ですね。

P8270387

槍方面から朝日が射して、鏡平周辺が良い雰囲気です。

P8270389

6時20分、弓折乗越に到着しました。

鏡平を出発して1時間10分です。

P8270394

この辺りはミヤマダイモンジソウも多いです。

P8270399

夏の終わりに咲くウサギギクも可憐に咲いています。

P8270401

ハクサンフウロの花はほぼ終盤でしたが、ここでは綺麗に咲き残っています。

P8270405

山では自分の写真は滅多に撮りませんが、Rさんに頼んで槍をバックに珍しく撮影してもらいました。

北アルプスに来られるのもあと何年でしょう?そう考えると、思わず、衝動撮りでした。

P8270408

6時36分、そろそろ出発です。

双六小屋まであと一歩きですね。

P8270415ハイマツの向うに何やら山が見えますが・・・

P8270416

いつもは雪をまとっているので、雪がないと別の山みたたいに見えますね。

その後も若い男性が2人で登ってきましたが、日が暮れるとどこへとも聞いてなかったような?

7月には雪をたくさんまとった双六も8月末はほとんど雪がありません。

P8270418

なだらかな稜線を歩いてくるRさん、

P8270425穂高や笠も一望ですね。

P8270429笠方面がかなり見えてきたけど、笠本峰はもう少し経ってから?

P8270431

乗鞍の後ろに御嶽も見えてきました。

P8270433

御嶽のまだ向うには、鋭く尖った頂が見えていて、あれは御嶽の剣が峰なんでしょうか?

御嶽にはまだ登ったことがなくて、よくわかりませんが、御嶽より南に高い山はもうないと思うのです。

P8270434

稜線は朝すれ違った方たちも歩いています。

P8270437

ハイマツの向うに鷲羽を眺めるのも久しぶりです。

P8270439

叢ではウメバチソウがこんなに可憐に咲いてました、

P8270442

↑7月には多いな雪渓があって、ときにライチョウを見かけることもあった場所は、今では砂礫地となっているようです。こんな眺めは初めて・・。

P8270449

高山性の花…ヨツバシオガマも出てきましt。

P8270455

6時46分。花見平に到着です。

P8270456

土がむき出しになったところは、例年だと雪渓に覆われたところですが、今年は雪渓ももう解けていました。

P8270457

ベンチも置いてあって、槍穂高の眺めがばっちりでした

コメント

keitann様 こんにちは
この時間帯ですとまだ日が出たばかりのために、東側にある峰は皆シルエットになってしまいますね。
しかし、午前10時頃を過ぎてくると、槍や穂高は撮影には絶好の光加減になるのではないでしょうか。
ですので、それまでは是非天気がもって欲しいところですね。
この日の稜線歩きは良い景観に恵まれて最高の気分でしたでしょう。
ところでRさんのいでたちは山ガールさんなんですね。
ピンクの帽子は二人お揃いでしょうか。

ぶちょうほう様、こんばんは。

数年前に槍の肩の小屋で素晴らしいモルゲンロートを見ることができましたが、朝の眺めは
こちら弓折岳よりも槍のほうが素晴らしいですね。
それとなんといっても3000m級の稜線が邪魔して、富士山や八ヶ岳など東のほうの山が
見えないのがちょっと残念です。
とはいえ、こんな素晴らしい日に稜線歩きができたのは幸運でした。
行き交う人は皆「今日は最高ですね」と言うのがこの日の挨拶でした。
Rさんは数年前から山ガールスタイルですよ。
最近は年齢に関係なくタイツに巻きスカートやショートパンツと言う格好が多いですね。
私は膝が痛くないので、普段はタイツはあまり着用しないので、昔ながらのトレッキング
パンツと言うスタイルです。ただ、3日目からは気温が下がったので、防寒の意味を兼ねて
タイツを着用しました。
帽子はお揃いではないですが、最近の帽子は首筋に陽が当たらないように、垂れ布?して
あるのが多くて、二人ともその帽子でしたね。

keitannさん こんばんは、

今日は、ご一緒させていただき有り難うございました。
最高の天気に恵まれ、楽しい山登りができましたね。
目的の花たちも咲いていて良かったです。
景色は北アルプスに比べると物足りなかったと思いますが、それでも遠くの峰々まで見る事ができ、気持ちがよかったですね。
又、機会があれば宜しくお願い致します。

クムトマトさん、こんにちは。

昨日は朝から夕方まで私たちにお付き合いいただいてありがとうございました。
秋らしくススキが風に揺れる中、石鎚を眺めながらの車道歩きは何とも気持ち良かったですね。
花もツルニンジンやハガクレツリフネなどいつもの四国の山の花ですが、今年の初見を
見ながらの歩きが楽しかったですね。
何より、気心の知れた山仲間の方との歩きは、よいものだな~としみじみ思いました。
アルプスの稜線歩きも素晴らしいですが、四国の幾重にも重なった山なみを見ながらの
歩きも心に響くものがありました。
帰りはのんびりと439号を走り、途中で木製の風情のある橋など見かけてまたまた撮影しながらでした。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく