« 青春18きっぷで熊山のツツジ街道を歩く、その1、電車で伊部へ | メイン | 青春18きっぷで熊山のツツジ街道を歩く、その3、宮山が二つ? »

2018-04-24

青春18きっぷで熊山のツツジ街道を歩く、その2、ツツジを眺めながら医王山へ

熊山縦走のとっかかりとなる医王山には旧山陽道を西に少し歩き、医王山南麓の墓地が登山口になっています。

途中に綺麗な無料休憩所が確かあって、そこに熊山の詳細な地図があったことを思い出し、立ち寄ることにしました。

↓これがその地図です。

P4084390_2

私たちが最初に歩くのは医王山コースと呼ばれているコースらしいのですが、これと同じ地図がいただけるとありがたいのですが、さすがに地図の配布はしてないようです。

トイレもきれいなトイレがあって、登山口には何もないので利用させていただきました。

休憩所を出たのは9時15分ぐらいだったでしょうか。

P4084392_2

↑旧山陽道沿いには茅葺屋根の備前焼のギャラリーなどもあって、時間の余裕があれば寄ってみたいところですが、この日は縦走なのでさすがにその余裕はありません。

P4084396

どこかの畑の周囲に植栽で植えてあったアケビです。

アケビを生垣代わりに植えるとは風流ですね。

P4084397

道沿いには真っ赤な帽子をかぶった備前焼のお地蔵様。

P4084398

墓地が見えてきました。

P4084399

墓地の入り口にはヒメオドリコソウ・・・

オドリコソウを見た後すぐにヒメオドリコソウを見るというのもしゃれています。

P4084401

墓地の角から登山道が始まっていて、電柱に赤いテープや黄色いテープが巻いてあります。

去年は登山口を探すのに苦労しました。

登りはじめは9時27分です。

P4084403

登り始めてすぐの辺りは一見やぶみたいですが、赤テープがあります。

P4084404

なおも登るとコバノミツバツツジが満開です。

P4084407

登山道はこの電柱に沿ってついていますが、山肌をほぼ直登しているので、結構きついです。

P4084408

朝は快晴だったのに、なぜか9時ごろから曇り気味になりました。

それでも空の一部に青い色が見えています。

P4084412

轟音がしたと思ったら新幹線がすぐ下を走り抜けていきます。

医王山のすぐ南を新幹線が通っているので、よく見えるのです。

撮影が間にあわなかったと嘆くPさんに「新幹線は5分に1本は通るから大丈夫」と声を掛けます。

P4084413

振り返ると、何やら白い花・・・・ザイフリボクのようですね。

P4084415

道は相変わらず電柱に沿ってついています。

気温が低いのですが、さすがにきつい登りを登っていくので汗が吹き出します。

P4084416

振り返ると伊部の町の北側の低い山並も見えてきました。

あの向こうには瀬戸内海があるはずです。

P4084420

大池のほうに向かってカメラを構えるPさん・・・

狙っているのはもちろん・・・

P4084421t

大池の傍らを猛スピードで通過する新幹線です。

P4084429_2

登るにつれて赤いヤブツバキの花も出てきました。

去年は桜も少し咲いていましたが、今年は桜だけは散ってしまったようです。

P4084434

大きな岩の東側を巻くところに差し掛かると、なんとシロバナウンゼンツツジが咲いていました。

シロバナウンゼンツツジは香川にも咲きますが、もっと標高の高いところでなければ見ることができません。ここは標高たった200m台の低山なので、驚きました。

そういえば、前の週に歩いた鬼ノ城でも花はまだ咲いていませんでしたが、シロバナウンゼンツツジの花芽が膨らんだ株をたくさん見かけたのでした。

P4084435d

シロバナウンゼンツツジをアップで・・・

清楚でお気に入りのツツジです。

P4084439

展望大岩に着きました。

時刻は10時14分。

岡山のYさんは熊山には何度も登ってらっしゃるそうですが、医王山には初めて登ったそうで、展望をことのほか喜んでくださいました。

P4084441

こちらは今から向かう医王山山頂方面です。

P4084442

山頂ではフジが咲き始めていて、ミツバツツジとフジのツーショットです。

P4084450

ザイフリボクも見えていますが、ザイフリボクの隣の木はヤマグルマ?

ヤマグルマも四国では低山で見ることはあまりないと思います。

P4084443

西のほうの眺めも良いのですが、不思議なことに伊部辺りは曇っているのに西のほうは晴れているようです。

P4084447

そうこうする間にも新幹線が通過していきます。

これだけは四国の山では絶対に目にすることのない光景ですね。

たまにその向こうを赤穂線の電車も通過するのですが、本数は少ないですね。

P4084453

いつまでも展望を楽しみたいですが、これから長距離を歩くので、そろそろ岩から下りますか・・・

P4084456_3

10時22分、大岩から山頂へと歩き始めます。

稜線もミツバツツジが綺麗です。

P4084458w_2

ミツバツツジに見ほれるYさん・・・

P4084460_2

地味ながらサルトリイバラの花も咲いています。

P4084461_2

それにしてもミツバツツジが多いですね。

四国の山にも咲きますが、密度が全然違うと思いました。

P4084462_2

フジはこの辺りではまだ咲きだしたばかりで、まるでパイナップルの赤ちゃんみたい・・・

P4084463_2

振り返ると、ツツジにの中を登ってこられる二人・・・

P4084466_2

山頂手前は鬼ノ城の登りにもあった花崗土の登りです。

P4084467v_2

滑りやすいので気をつけて登ります。

P4084470

10時30分、医王山到着です。

登りはじめから、休憩も含めて1時間ちょいかかりました。

P4084472

手作りの素朴な山名表示板が木の枝に吊るしてありました。

コメント

keitannさん、こんばんは。ご無沙汰しております。

処でPさんの掲示板で知ったのですが21日(土)に薬研谷のアケボノツツジを楽しまれたとか?
何と同じ日、当方も初めての薬研谷でした^^)

自宅を6時頃に出発して神山町のコンビニ経由で柴小屋Pに9時頃到着でした。
登山口から大道丸~薬研谷~四国の道~柴小屋山と周回でした。
何処かでお会いしていたかもしれませんね?

k2さん、こんばんは。
こちらこそご無沙汰しております。

もう体調のほうもかなり戻られましたか?

土曜日に薬研谷へ来られていたのですか?
もしかして下りでスミレ談義していたときに通りがかられた単独の方でしょうか?
神戸からと仰っていましたが、その方がK2さん?
いや~もしそうなら奇遇ですね。
もう少し話をさせていただければわかったのに…残念です。
コースも同じコースを歩かれているようですが、私たちは何しろゆっくり歩きなので
あの後お会いしませんでしたね。

もしかして女性3名・男性1名で歩かれてましたか?
エイザンスミレかアカバナスミレかどうかとか探されてましたか?

その時少しだけスミレ談義をした白いキャップにサングラスのひげ面おっさんなら当方です^^)

少し早めのランチは薬研谷大岩の対岸でした。

そうです、そうです、

やっぱりあの時お会いした方だったんですね。
もうちょっとお話すればよかったですね。

薬研谷をとてもよくご存じのようだったし、とても初めてとは思えませんでしたよ。
スミレに詳しい男性は珍しいな~と思ってました。

私たちは対岸ではなくこちら側の岩の上でお昼でした。

keitann様 こんにちは
上のコメントやりとりをちらっと見ました。
こういう出会いもあるのですね。とても面白いことだなと思いました。

ミツバツツジがいたるところで顔を出して来ましたね。あの時期の定番的な花ですが、色が爽やかで明るくて、いつ見てもとても嬉しい眺めですよね。

この季節は暑くなくて、嫌な虫たちも出てきていなくて、山歩きするのに最適ではないでしょうか。

ぶちょうほう様、こんばんは。

k2さんは神戸の方なので、まさか四国の山でもあまりメジャーとは言えない薬研谷という
場所でお会いしようとは夢にも思っていませんでした。
ずいぶんスミレに詳しい方で、男の人には珍しいなとは思ったのですが・・・
花の追っかけをしていると、四国内でもいろいろな知人にばったり会うことがよくあります。
兵庫に近い山にクリンソウを見に行って香川の山仲間とばったり青いしたこともあります。
山の世界は案外狭いんでしょうか。
ミツバツツジは四国でも見かけますが、これほどの密度では咲いていません。
四国のツツジは種類が多くてオンツツジ、アケボノツツジ、ヒカゲツツジ、キシツツジ
など、種類が多い分、一種類がこれほど集中することはないようです。
この日は雪がちらついたぐらいで、むしろひんやりとした空気で山歩きにはよかったようです。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく