« 青春18きっぷで熊山のツツジ街道を歩く、その2、ツツジを眺めながら医王山へ | メイン | 青春18きっぷで熊山のツツジ街道を歩く、その4、車道もツツジが満開 »

2018-04-24

青春18きっぷで熊山のツツジ街道を歩く、その3、宮山が二つ?

医王山以降は私も初めて歩く道で、どんな道なのかな?と楽しみですね。

去年、ここに登った時はここから道をたどって熊山まで行けると知って驚いたものでした。いつの日か熊山まで歩いてみたいと思っていましたが、案外早くその機会が訪れたというわけです。

P4084476

医王山から下っているとヤブツバキとミツバツツジがコラボして咲いていたので、思わずシャッターを切りました。

P4084478

少し引いてもう一枚・・・

P4084474

山頂から北に向かう道はこんな具合です。

P4084480

今では私たち同様、すっかり花散策山行ばかりされている岡山のYさんもカメラを構えて・・・

P4084481

ミツバツツジの花はこれほど多いのに、なぜか足元に咲く花が少ないのが不思議です。

四国だと春は足元にもいろいろな花が咲いてますが・・・

シハイスミレをそんな中見つけたので、撮影します。

花にピントが合わずぼけてますが・・・・

P4084482

山頂を超えても相変わらずミツバツツジが素晴らしいです。

P4084484

眼下に平野部・・・そして山肌の芽吹きの色とミツバツツジ・・・

癒されますね。

P4084485

遠く、岡山の街がみえました。

前の週は鬼ノ城から岡山の街を眺めましたが、今度は医王山から眺めます。

こちらから眺めても岡山の山はやっぱり低いですね。

P4084486

コナラやアベマキの芽吹きの色も独特の色合いで美しいです。

P4084490

道沿いにコシダの群生が見えてきましたが、踏み跡はしっかりしているので心配ありません。

P4084491

ここでもウスタビガの繭が落ちているのを見かけました。

岡山の山には多いんでしょうか。

P4084492

道は下っているものの、せいぜい50mか100mそこいらの下りです。

P4084493

なんと、4月初めというのに気の早いヤマツツジまで咲いていました。

ミツバツツジとコラボしてますね。

P4084495

ヤマツツジだけで・・・・

P4084496

登山道から少し離れたところにはガマズミのような白い花も見えていますが、離れているので確認できません。

P4084497

足元に今度は種をつけたシハイスミレも出てきました。

今度はなんとかピントが合ってますね・・・やれやれ

P4084498

先ほどから、少し山があれているな~とは思っていたのですが、ここにきてササが立ち枯れしているので、シカがいるのかな?と思い、Yさんに尋ねてみました。

するとやっぱり、この辺りもシカがいるそうです。

シカが出入りするところは雰囲気でわかりますね。

P4084500

少し向こうに鉄塔が見えてきました。

あそこを目指すんでしょうか。

P4084501

3月10日に高知の五台山で見たのと同じぐらいの蕾をつけたヤマモモです。

岡山にはヤマモモはそう多くはないように思いました。

P4084502

11時に鉄塔の下までやってきました。

P4084503

すぐ近くに中国電力と書かれた棒が立っています。

ということはここは鉄塔巡視路?

P4084505

道はなおも下っています。

P4084506

今の鉄塔は8番鉄塔のようですね。

P4084507

11時9分、スマホのGPSを見てみると、宮山と記された場所にいるようですが、何の表示もありません。

↑ピンぼけ写真で申し訳ないです。

P4084508

ここから道が東に向かうような感じでついています。

その向こうに小高いこぶが見えていますが・・・

で、この辺りを歩いているときだと思うのですが、何やら白いものが舞っているので見てみたら、なんと雪でした。

4月8日に岡山の低山で雪を見ようとは、思いませんでした(^^;)

P4084509

Yさんに道の北側に家が見えるでしょう?と言われて見てみると確かに民家らしきのが山裾に見えています。これから先はずっと山の中とばかり思っていたのでびっくりしました。

P4084512

道沿いには相変わらずミツバツツジが見事でほぼ途切れることがありません。

P4084514

緩やかな道を登っていくと・・・

P4084515

11時17分、「宮山」と書かれたところにやってきました。

宮山はさっき通過したはずなのに?

Yさんのお話ではまだGPSができる以前にコースができたので、ところどころ間違っていることがあるそうです。

Iouinbehurouinbegoetiuzuc

ネット上から詳細図をお借りしました。

確かに宮山が二つありますね。

この地図を印刷して行けばよかったのですが、この先も、ハプニングが・・・

コメント

こんにちは。青春18きっぷはまだ使ったことがありません。学生時代は鉄道ファンでしたので(今は隠れファンです)、リタイア後はゆっくり乗り鉄を楽しんでみたいです。ミツバツツジはそこだけパッと明るくなって綺麗ですね。

多摩NTの住人様、こんばんは。
鉄道ファンでいらっしゃいましたよね。
私はそれほどでもなかったけど、学生時代の帰省や山登りには必ず鉄道で
登山口まで行ったので、鉄道にはなじみがあります。
5月に大学で同じクラスだった人を石鎚に案内するのですが、今まで新幹線に
乗ったことがないそうで、切符の買い方などこの前レクチャーしました(電話で)
実家は東京だったし、ご主人が航空会社勤務だったのでどこに行くにも飛行機利用で
新幹線に乗ったことがないそうです(^^;)
青春18きっぷは途中下車が簡単に何度でもできるのが良いですね。
リタイアされたらぜひ利用されてみてくださいね。

keitann様 こんにちは
同じ山の名前が、近いところで二つあるなんて言うのは厄介なことになりますね。
雪の降る日にこんな目に遇うとは御気の毒なことでした。

GPSの使い方には人それぞれにいろいろあるようですね。
小生の場合はまず25000の地図に行動予定のラインを引いて、その行動ラインをGPSに転写して、現地に行ったらGPSのライン通りに歩くようにしています。
そのラインから逸脱するとすなわち道迷いになるということになります。

そういう使い方をしてみてわかったことですが、国土地理院の山道を表す破線は相当現実の道と違っていますね。
そういう時はもちろん、現実の道の方を歩いて行きますが、その違いを国土地理院に連絡して上げることまではやっていません。

この記事でもミツバツツジがとてもきれいです。
それから、”シカが出入りするところは雰囲気でわか(る)・・・・。”というくだりについて、そういう観点で見たことがなかったので、今後の参考にしてみたいと思いました。

ぶちょうほう様、こんばんは。

宮山は国土地理院の二万五千図では私たちが最初に通過したほうが宮山となっていました。
あとのほうはただ324mと書かれた無名の小ピークになっているようです。
あとのピークのほうが標高も高いし、登った感じもピークらしい雰囲気でした。
なので、山名表示をつけられた方は324mピークのほうを宮山とされたのかも・・・
雪は降ったといってもごく少量舞った程度で、午後からは気温低めながらも晴れてきて
素晴らしい歩きとなりましたよ。
そうですか、ぶちょうほう様は前もって行動予定のラインを引かれるのですね。
私のアプリでもそういうたぐいのことができるようなのですが、面倒くさがりなので
まだしたことがなくて・・・
たいていは歩行中に地図を表示して自分の現在地を確認したりする程度です。
でも、自分の現在地がわかるのはすごいですよね。
昔は5万図で地形を読み取り、自分の現在地を推測したものでした。
国土地理院の破線の道が実情とかなり食い違っていることはよくありますね。
どこを歩くかは、山での経験がものをいうのではないでしょうか。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく