« 夏と秋の狭間の寒風山へ、その5、山ガールとの再会 | メイン | 夏と秋の狭間の寒風山へ、その7、ガスが湧く、おまけのチャボツメレンゲ »

2018-09-04

夏と秋の狭間の寒風山へ、その6、山頂へ

岩場から登山道へ帰ろうとして、足元に白い花を見つけました。

あらまぁ、ウメバチソウではないですか。

P8269909

↑岩場には蕾はいっぱいあったのですが、この花だけ何かのかげんで一足早く咲いたようです。

北アルプスではそれこそ去年の8月に嫌というほど見かけたウメバチソウでしたが、8月の四国で見たのは初めてのことでした。

ただ、今年の8月は尋常ではない暑さが続き、ウメバチソウも花が少し傷んでいるのが可哀そう・・・

P8269913

岩場から数分歩いたところで、いつもの道標が出てきました。

この道標のコースタイムも数年前にHさんによって少し変更が加えられたとか‥本人からお聞きしたので間違いありません(^^;)以前は山頂まで25分ぐらいになっていたような?

まぁ、私たちは花を見ながらのゆっくり歩きなので、コースタイムは関係ないのですが・・・

P8269914

道標を過ぎて、ロープ場を少し下るところでミヤマトウヒレンが咲いていました。

いつもここで見かけますが、今年は時期が早かったのが幸いしたか、いつになく花が綺麗です。

ただ、前方から単独男性が一人来られたので、登山道でゆっくり撮影していては邪魔になるので、一枚撮影しただけで先へ進みます。帰りにでも、じっくりと撮影しましょうか。

P8269915

こちらもミヤマがつくミヤマヒキオコシ。

これも今年お初かな?

P8269918

えらくスマートなシオガマギクの株もありました。

P8269921

見上げるとナナカマドの実があるのですが、空があまりにも真っ青で眩しすぎて、よく見えない・・・

PさんやRさんは赤く色づいているというのですが、私には緑色に見えます(^^;)

P8269922

この辺りでもクチベニタケヶ見られました。

P8269923倒木の付け根で、小さなオトギリソウの仲間が一輪・・・

オトギリソウは夏の花ですから、この日の寒風山はまさに、夏と秋が混在していたような・・・

P8269924そして、いつも見ている場所でフクオウソウが一輪咲いていました。

これはシベも長く伸びて、いつも見る姿ですね。

たいていは終盤ばかりを見ていたのか、あまり綺麗な花ではないというイメージがあったのですが、咲き始めは綺麗ですね。

P8269926この辺のブナもやっぱり実が見えますね。

P8269927これだけはナガサキオトギリかな?と思うオトギリソウでしたが、画像がピンボケに(^^;)

P8269929

樹林帯を抜けて、笹原の道に出た途端、シコクフウロの花が目に飛び込んできました。

P8269930まだ蕾もいっぱいあります。

途中ですれ違った方が、先週はシコクフウロがそれは見事でしたよと仰ってましたが、これだけ咲いていれば私たちも文句はありません。

P8269935

シコクフウロとアサマリンドウ、オトギリソウのスリーショットが撮れる場所でしたが、残念なことにアサマリンドウが開いていません。これも帰路に期待ですかね。

P8269934視線を前方にやると、稜線の向こうに二ツ岳の姿も見えていました。

ここから見えるなんて珍しいねと、皆で喜びます。

P8269938考えたら、シコクフウロの花盛りの頃って、最近あまり見てないような?

剣山系ではシカ害なのか、ササに咲くシコクフウロがかなり少なくなってますし・・・

P8269940道はジグザクとつけられていて、伊予富士の凸凹をバックに登って来るRさん

P8269942ゴージャスに咲いているアキノキリンソウ・・・

P8269944冠山の向こうに平家平も見えてきました。

こちらから眺める冠山は名前の通り格好良いですね。

赤石山系から眺めるとイマイチなんですが・・・

P8269945今度は冠山を背に登ってくるRさん

P8269947

イタドリの花もたまには撮影しときますか。

草みたいな花なので、見てもあまり撮影せずに終わるのですが・・・

P8269949こちらは大座礼林道方面の眺め

P8269950

北側を見上げると、眩しいばかりの青空に白い雲・・・

P8269953ここまで来たら、山頂まで10分はかかりません。

P8269954_2Pさんがちょっと遅れ気味ですが、なんだかんだ言っても、ここまでくれば山頂に着いたも同然。

ゆっくり登ってきてね・・・

P8269955山頂直下では終盤だったホツツジです。

P8269956平家平の横に見えるちょっと高そうな山は阿波矢筈のほうかな~?

ということは、そこから続く稜線は寒峰へと続く稜線??

誰か教えてほしい・・・

P8269957

山頂直下のダケカンバの生えた辺りでは瀬戸内海も見えました。

去年の11月にはここからしまなみ海道まで見えました。

あのときはバリバリに凍った霧氷があって、すごく寒かったのが嘘のよう・・・

P826995811時49分、やっとこさで山頂に着きました。

随分、ゆっくり歩きでした。

コメント

こんにちは。ウメバチソウが見られて良かったですね。私は去年軽井沢で初めて見ましたが、雨に濡れて綺麗な状態ではありませんでした。次は晴れの日に撮りたいと思っています。雄蕊が1本ずつ開いていくと聞きました。

多摩NTの住人様、こんばんは。

ウメバチソウは四国の山では9月の花だと思います。
でも低地でも咲いていて、高知の低山や徳島の川原では11月や12月に見ることが
できます。低地から3000m級の山の上まで、これほどいろいろな環境に咲く花を
知りません。けれども栽培するとなると、難しいようです。
関東でも低地で咲くところがあれば、いいのにね・・・
雄しべが一本ずつ咲くというのは初めて聞きました。
次回は注意して見てみたいです。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく