« 噂のUFOラインを歩く、その1、本日の登山口は? | メイン | 噂のUFOラインを歩く、その3、伊予富士山頂へ »

2018-11-04

噂のUFOラインを歩く、その2、アサマリンドウの時期はさぞや・・

伊予富士といえば、私の中では展望が良いのと、笹原が素晴らしいこと、そしてアサマリンドウがたくさん咲く山というイメージがありました。

今回の登山口は登り始めて1時間ほどで伊予富士に着くという、ずいぶん楽なコースらしいです。

そして、このコースも、やっぱりアサマリンドウがたくさんありました。

Pa132867

アサマリンドウは残念ながら花がもう終わってしまっていて、開くことができませんが、それでもあちこちで花つきの良い株を見かけました。

花の時期はどんなにか素晴らしかったでしょうね。

私は秋の花の中ではアサマリンドウがいちばん好きなので、来年はここへ花を見に来れば楽に歩けて花も堪能できるのでは?と思いました。

Pa132869

苔も青々としていて綺麗・・・

白いのは苔の果実?

苔のことはまったく知らないので、申し訳ないですが・・・

Pa132870

岩場を通過するPさん。

この頃には気温もかなり上がっているのですが、歩き始めが寒かったのでウインドブレーカーを着ています。

私は?と言えば、最初から長袖のウエア一枚でしたが、ちょうどよいぐらいです。

Pa132872

道はずっと同じような勾配でトラバース気味に西へと続いています。

道沿いに紅葉したカエデが見えます。

Pa132873

ここにも花をたくさん咲かせていたアサマリンドウの名残が・・・

これが咲いているときに来てみたかったですね。

Pa132877

先ほどの紅葉したカエデの横を通りがかりましたが。、葉が傷んでいて樹種がちょっとわかりませんでした。

Pa132882

こちらはダケカンバですが、葉はまだ青々としています。

Pa132883遠くに鳥形山らしき山が見えているので、ズームしてみました。

5月に石鎚に登った際に弥山から鳥形山が見えて驚いたものでした。

春にも見えたぐらいですから、空気が澄んだ秋に見えても不思議ではないですね。

Pa132886

足元にはホソバノヤマハハコが・・・

栂池や苗場で見たのは、何もつかないヤマハハコでしたが、西日本では葉の細いホソバノヤマハハコが分布しています。

Pa132887

ここにもアサマリンドウの大株がありました。

Pa132888

もうちょっとで開きそうな気もするけど・・・どうかな?

Pa132890笹原の中の道を歩いてくるPさん・・・

後に瓶ヶ森林道も見えています。

Pa132892

三角錐の端正な形をしているのは、この後お会いした高知の方に雪光山だと教えてもらいました。

そうそう、雪光山ってこんな格好でしたね。

Pa132896

8時53分、稜線の縦走路に出てきました。

石鎚山系の縦走路ですね。

右へ歩けば伊予富士、左に歩けば東黒森ですがまずは伊予富士に向かいます。

Pa132893伊予富士への縦走路のすぐ横には岩場が見えています。

Pa132897西を眺めると瓶ヶ森と西黒森が見えています。

Pa132901伊予富士へと続く笹原の中の道を辿ります。

Pa132902笹原の中にドウダンの木が見えますが、葉が傷んでますね。

やはり台風が何度も来たからでしょうね。

Pa132904このドウダンは果実がたくさん見えているのに、葉は吹き飛んだのかあまり見えません。

Pa132905伊予富士直下の稜線に、先ほどから2本、道標のようなものが立っていると思ったら、人間なのでした。

眺めが良い場所なのか、しばらくじっと佇んでいるので、道標かと思ってしまいましたが、しばらく経つと歩き始めました(^^;)

Pa132907望遠にすると、山頂にいる人まではっきり見えます。

あそこまでは直線距離で1キロぐらい?

Pa132908広角気味に撮影するとこんな感じです。

Pa132910登山口に駐車している車もこんなにはっきりと・・・

Pa132911

今度は素晴らしく紅葉したドウダンが出てきました。

Pa132912

少し引いて、伊予富士の西斜面の紅葉も入れてみました。

Pa132913ドウダンと眼下の車・・・

Pa132915葉はかなり落葉していますが、まだ紅葉の残ったカエデもあります。

コミネカエデかしらん?

良い色ですね。

Pa132916コミネカエデらしきカエデを激写中のPさん・・・

コメント

こんにちは。アサマリンドウがたくさん見られるのですね。でももう終わっていましたか。それは残念でした。先日、鬼押出しでヤマハハコをたくさん見てきたところでした。

多摩NTの住人様、こんばんは。
伊予富士と寒風山はお隣同士の山ですが、どちらもアサマリンドウが多い山です。
今年は8月末に寒風山で早くもアサマリンドウを見てから、三度の山行でアサマリンドウを
見られたので、決して不満はないですが、それでもいちばん見ごろの時期にあふれるほど
咲いているのをやはり見てみたいですね。
ヤマハハコも秋の終わりにドライフラワー状態でよく見かける花ですよね。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく