« 噂のUFOラインを歩く、その2、アサマリンドウの時期はさぞや・・ | メイン | 噂のUFOラインを歩く、その4、東黒森を越えて林道へ »

2018-11-06

噂のUFOラインを歩く、その3、伊予富士山頂へ

先ほどの縦走路との出会いを東に曲がった後は、ずっと東にトラバース気味に歩きます。

それも緩やかな道で展望がすこぶる良いので、気持ちの良いことこの上なしですね。

Pa132917

↑綺麗に紅葉しているドウダンを入れて、高知方面の山なみを撮影しました。

伊予富士西斜面のササの緑も素晴らしいですね。

Pa132920

東黒森や瓶ヶ森をバックにして歩いてくるPさん・・・

Pa132921

西条の町が眺められる場所がありました。

Pa132922

しまなみ海道や今場絵里の町らしき街並みも見えています。

空気が良く澄んでいて、しまなみ海道がはっきりと見えています。

さすがに秋になると展望ばっちりです。

Pa132927

振り返ると、西の方角には石鎚が聳えています。

その向こうのピラミダルな山容は二ノ森でしょうね。

Pa132931

伊予富士の西斜面は5月に瓶ヶ森林道を走った時にはミツバツツジが見事に咲いていましたが、紅葉している木はミツバツツジの紅葉とはまたちょっと違う色合いです。

Pa132934

Pさんの右肩には東黒森や自念子の頭,そしてその直下を走っている瓶ヶ森林道も見えています。

私たちはこの日は結局、自念子の頭まで歩きました。

Pa132937

先ほど、まるで道標のように立ち尽くしていた人が見えていた場所までやってきました。

あそこまで行けば、きっと展望が良いのね・・・と言っていたのですが、やっぱりここまで歩いてきたら伊予富士から東の山なみが初めて見えてきました。

ガスが良くかかる寒風山も、その東の笹ヶ峰やチチ山もすっきりと見えていて、こんな日は珍しいですね。

Pa132938

視線を少し南にやれば桑瀬峠方面から伊予富士へと続く縦走路が見えています。

今まではこの道を歩いて伊予富士に来たことしかありませんでした。

東に派生している山は鷹ノ巣山ですね。

Pa132941

私たちが今まで歩いてきた道を単独の男の方が犬を連れて登ってくるのが見えます。

この日は視界が抜群に良くて、遠くを歩く人も良く見えました。

Pa132944

9時39分、伊予富士山頂に着きました。

8時20分に歩き始めたのですから、こんなにゆっくり歩いても1時間ちょっとで山頂に来られるんですね。体力のない人でもこれなら楽に山頂を踏めますね。

伊予富士は三百名山に入っているので、先日の田中陽希さんのグレートトラバース3でも紹介されました。

Pa132945

南を眺めると、太平洋が見えています。

肉眼では室戸岬らしき岬も見えています。

Pa132946

片や、北を見ると瀬戸内海・・・

瀬戸内海と太平洋が同時に見られるなんて、すごいの一言ですね。

この辺りは四国の太平洋側と瀬戸内海側の距離がいちばん狭まっている場所なんでしたね。

Pa132951

少し遅れて、先ほど見えた犬連れの方も到着されました。

いつも連れてこられるそうですが、この日は山頂に人が多かったせいか、野良犬出身だというそのワンちゃんは、ちょっとおびえた風でした。

この日のコースならワンちゃんにも歩きやすいコースですね。

Pa132954

9時50分ごろ、山頂を後にします。

Pa132955

瀬戸内海方面を眺めるPさん・・・

Pa132958

往路では気づかなかったツルリンドウの赤い実を帰りには見つけることができました。

Pa132959

最初のうちはPさんにトップを歩いてもらいました。

Pa132962

こんな大展望を眺めながら歩くのですから、気分も高揚しますね。

Pa132963

稜線から少し下では紅葉した木々が見えています。

カエデのようですが、遠いので詳しい樹種まではわかりません。

Pa132965

私たちが先ほど登ってきた道を登ってくる人も良く見えています。

Pa132969

その方たちと数分後にはすれ違いました。

山頂へ向かっている人も良く見えるし、山頂に佇んでいる人もはっきりと見えていますね。

Pa132973

ドウダンを手前に入れて石鎚を撮影してみました。

石鎚の手前に見えているオーバーハングした山は子持権現です。

Pa132974

山頂直下に佇む人、そして眺めを楽しんでいるPさん。

この辺りで単独の女性にお会いしました。お話していたら、なんと百名山を踏破されで200名山も途中まで登られたという方でした。

優しそうな雰囲気の方でしたが、高知の女性は百名山を目指されている方が多いですね。さすが、はちきんで有名な高知です。

その方と話が弾んで15分ほども立ち話をしてしまいましたが、いつまでも話していると東黒森に着かないので、お別れを告げます。

Pa132979hello

先ほどの縦走路との出会いを過ぎて、東黒森がだんだん近づいてきました。

Pa132980

この辺りからは稜線越しに石鎚が見えるんですね。

稜線から北側は木々も落葉したのが多いです。

Pa132982

道は今度は稜線の北側を巻くようにつけられていました。

今までの笹原歩きとは違い、樹林も少し出てきました。

Pa132984

樹林をやり過ごし、歩いてきた道を振り返るPさん・・・

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく