« 何とか間に合った高知花散策、その6、バイカオウレン | メイン

2020-02-12

何とか間に合った高知花散策、その7、ユキワリイチゲ

連休中、東京から息子一家が帰省していたので、最後のアップが遅くなりましたが・・・

バイカオウレンを堪能し、コーヒーブレークもしたら、最後はユキワリイチゲのお花見です。

P2010689

思ったよりたくさん咲きあがっていたユキワリイチゲたち。

この場所は夕方に日が射すので、最後に立ち寄って正解でした。

P2010687気温も高めだったので、ちゃんと開いていました。

P2010683

ここの自生地の花はピンクというか淡い紫というか‥‥優しい色合いですね。

P2010682標高1000m程度の山のユキワリチゲは開花時期が3月になってからというのに、高知の平野部に近い自生地とあって、早くから咲いているようです。

P2010685たぶん、お世話してくださっている方がいて、草刈りなどしてくれるんでしょうね。

そうでなければ、山野草はなかなか生きていけませんから・・・

Kimg2618↑最後に産直で6kgがたった1000円というお値打ち価格の文旦を3人ともお買い上げして香川に帰ってきました。

7か月ぶりの花散策でしたが、皆さんのおかげで、なんとか歩きもついていけて、花も満開、天気も申し分なく、高知を満喫してきました。

下見してくださったAさんにはほんとにお世話になりました。

コメント

keitann様 こんにちは
小生がしばらくネットをサボっているうちに、こちらでは矢継ぎ早に記事更新がされていたのでびっくりしました。
記事七つを飛ばしていきなり最新のものにコメントさせていただきますが、その間の記事についてはゆっくり読み上がって来ることに致します。

毎年ユキワリイチゲからkeitann様の山の花記事は始まるように思って来ましたが、今年も間に合って山に入れるようになり良かったですね。
お友達に恵まれて、今シーズンもいよいよ始まりますね。

ぶちょうほう様、こんばんは。

2月1日に、7か月ぶりで山仲間たちと高知に花散策+里山一座登山をしてきました。
明日も岡山方面に出かけるつもりですが、何とか里山程度なら登れるようになり
有難いことです。
ユキワリイチゲは元気な時は、県境の株を毎年のように偵察に行ってましたが
今年は県境のものはまだ見に行っていません。
退院して元気になったので、近所の知人や友人たちが様子を見に来てくれたりで
結構、忙しい日々を過ごしています。

これからは本格的な花散策シーズンも始まり、ますます忙しくなりそうです。

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく