« ヒポエステス・アリスタタ | メイン | チェリーセージとカマキリ »

2005-09-22

ニカンドラの実

朝はかなり涼しくなった。というか、肌寒いほど。日中はまだまだ30℃を越す日が多いけど、朝夕はほんとに快適だね。

今日は少し早起きしたので、畑の花を見回ってきた。それに、この前から種まきしたものが、毎日、何かしら発芽するので、小さな双葉を見つけるのも楽しみなんだよ。

Dsc01346

この不思議な物体はニカンドラの実だ。最初は緑色をしているけど、熟するにつれて、こんな風に網目状の繊維だけが残る。

中にもう一つ茶色い球状の実が入っていて、この中に種が詰まっている。

私はホオズキを育てたことがないから、実際のは知らないけど、ホオズキも同じように網目状の袋が残るみたいだね。ニカンドラはホオズキの仲間だから、花はあまり似てないけど、こういうところが同じなんだね。

奥に見えている緑色の葉っぱはシソの葉っぱ。この前から穂が上がって花をつけているけど、今年は見事にたくさん花が咲いているので、実を漬物にしようかと思うほど。

青い花は勿論、ツユクサ。朝夕の冷え込みで、色がますます冴えてきたようだ。

Dsc00912 因みに、二カンドラはこんな花が咲くよ。

淡いブルーでなかなか素敵な花だ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/1251/876707

ニカンドラの実を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく