« ミズヒキ | メイン | ニカンドラの実 »

2005-09-21

ヒポエステス・アリスタタ

この前も一度紹介したヒポエステス・アリスタタ・・・とても気に入っている花なので、もう一度取り上げてみたよ。

Dsc01312

ヒポエステスというと普通、葉に斑が入ったものを浮かべがちだけど、それはヒポエステス・フィロスタキアというらしい。うちにあるのは花が綺麗なアリスタタのほうだ。

何度も書いたけど、去年、処分鉢5鉢まとめて200円なんてのを買った中の一つ。

今、検索したら、耐寒性があまりないらしいけど、それでもうちの中庭ではうまく宿根してくれた。春に新芽を出したと思ったら、すごい勢いで繁り始めて、今では隣りのシュウメイギクやホトトギス、ミズヒキに一歩も引けをとらない。

Dsc01327 シュウメイギクを手前にして撮影してみた。

奥のがヒポエステス。

Dsc01324 全体はこんな感じだけど、これで1株。シュウメイギクやホトトギスみたいに根が張って増えるのとは違うようだ。

一株から20本以上の茎が出ているんだね~。これ、種はどうなんだろう?見た目は挿し芽で増えそうかなぁ。何かの形でバックアップをとって置かないとね。

Dsc01326 ふと見たら、ヤマトシジミがボロボロの羽根でとまっていた。こんなに羽根がボロボロになるなんて、この前の台風のせいかな?

秋らしい一コマ・・・。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/1251/875035

ヒポエステス・アリスタタを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく