« 温泉&お喋り三昧 | メイン | 高山見物、そして、帰路へと »

2005-11-15

旅の二日目、飛騨路,紅葉の中を走る

露天風呂での足湯があまりに気持ちよすぎて長居しすぎた。

その後もおみやげ物を物色したり、これが長かった~。おばさんの買い物は長いのです(^^;) 先輩のOさんは近くのお店で柿7個100円と言うのをどうやら買われる様子。重いでしょうにというと、柿の実の変わった形のは買うことにしているのだそう。Oさんのご主人も先輩なのだけど、無類の樹木好きでいらっしゃるから、そのせいかな?

私はスカーフ、紫蘇の実漬け、山栗のお菓子、さるぼぼのマグネットなどを買い込んだ。

その後宿に帰り、清算なども済ませて、10時半、車に乗り込み出発。

Dsc00264

↑は下呂での画像が貼れそうなのがないので、宿での夜に呑んだ美濃の地酒画像。

私だけが今回リュックだったので、持って帰れと先輩方のお達しでした。

さて、下呂~高山の道は2001年に走っているのでわかる。

普通に走って1時間ちょっとというところだろう。

下呂付近は杉やヒノキの植林が多くて山々は紅葉しているところは少なかったけど、北上するにつれて自然林が多くなり、山の斜面は赤、それも落ち着いた赤や派手な赤、黄色もくすんだのから鮮やかな黄色、様々な秋色が目に飛び込んでくる。

Dsc00245

あまりにも綺麗なので、車をとめてしばし見とれる。

道は飛騨川に沿って走っており、鉄道もやはり川に沿って走っている。

その谷を隔てた対岸が紅葉真っ盛りなのだ。足元には野菊、ミゾソバ、アカツメクサなど秋の花もまだ少し咲き残っている。皆それぞれ、携帯で写メールを送ったり、デジカメで撮影したり・・平地ではなかなかこんな紅葉は見れないものね。

Dsc00244_1   

ようやく出発したと思ったら、今度は道の駅が見えてきた。

ここも川越しの紅葉が見事。そういえば、まだコーヒーを飲んでないね、ということで、またまた車を停める。そういえば、4年前の夏もここで休憩したのだった。あの時は34℃もあって、こんな山奥でそんなに暑いのが不思議だったけど、今は空気はいかにも山国らしくぴんと冷たい。

コーヒーを飲みながらまたおしゃべりに興じて、11時半ごろようやく出発。近い筈の高山になかなかたどり着けない。(^^;) 朝市を見ようという予定が、ご破算になったよ。ま、女5人も寄ればこんなもの?道路際にはムラサキシキブの綺麗な紫色の実がたわわに実っているのも見える。標高800mの宮峠を越すと、道は次第に下っており、やがて高山市街に。

4年前はここから右折してR158を乗鞍スカイライン方面に走ったから、高山市内を走るのは初めて。旧市街へと向かう道に入る。まずは駐車場探しだ。幸い、駐車場もすぐに見つかった。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/1251/940647

旅の二日目、飛騨路,紅葉の中を走るを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく