旅行

2005-11-15

高山見物、そして、帰路へと

車で走っているときから、道沿いの高山ラーメンのお店や、飛騨牛ステーキのお店が目につく。何しろもうお昼を過ぎているのだ。

車から見えた飛騨牛ステーキのお店が美味しそうだったけど、すでに20人ほどが順番待ち。うどんと違って、ステーキの20人はすぐに順番が回ってきそうにないから、近くのやはりステーキランチがメニューにあった店でお昼に。ここはあんまり美味しくなかったなぁ。付け合せのポテトが油っぽくて、私はイマイチだと感じた。それで、高山に好印象がもてなかったのかも。げに食べ物の恨みは怖い(^^;)

Dsc00251

続きを読む »

旅の二日目、飛騨路,紅葉の中を走る

露天風呂での足湯があまりに気持ちよすぎて長居しすぎた。

その後もおみやげ物を物色したり、これが長かった~。おばさんの買い物は長いのです(^^;) 先輩のOさんは近くのお店で柿7個100円と言うのをどうやら買われる様子。重いでしょうにというと、柿の実の変わった形のは買うことにしているのだそう。Oさんのご主人も先輩なのだけど、無類の樹木好きでいらっしゃるから、そのせいかな?

私はスカーフ、紫蘇の実漬け、山栗のお菓子、さるぼぼのマグネットなどを買い込んだ。

その後宿に帰り、清算なども済ませて、10時半、車に乗り込み出発。

Dsc00264

続きを読む »

温泉&お喋り三昧

下呂温泉の宿舎に着いたのは、その日の宿泊客のうち、私たちがどうやら最終のようだった。美濃から飛騨に抜ける坂本峠を越えてやれやれというところで、実は宿の方から電話があった。

宿を探すのはナビの役目だ。これは苦もなく探してくれた。

Dsc00244

続きを読む »

2005-11-14

奥美濃その2

何の下調べもしてなかったので、最初に入った記念館でパンフレットと観光地図をもらい、そぞろ歩く。

家並みが独特で、新しい家もその昔ながらの家並みに統一して同じような雰囲気で建てている。

どの町筋にも必ず小さな用水が傍らに流れていて、家々の軒先には真っ赤な消火用のバケツがぶら下がっているのが興味深い。後で、調べてわかったのだけど、1652年に大火があって、町全体が焼けてしまい、その後に用水や消防設備などが出来たらしい。

Dsc00236

続きを読む »

旅の一日目、奥美濃

12日午前7時に自宅を出発。

特急、新幹線を乗り継いで、名古屋には9時45分着。四国の自宅、岡山とも雨が上がり天気は回復の兆し。途中、京都付近で曇っていて心配したが、東に行くにつれ、また回復。京都~名古屋間は地図を出して、鈴鹿の山々と照らし合わせてみた。珍しく、海側の窓際の席だったのだ。

Dsc00227

名古屋に到着したらレンタカーの営業所の場所をいちばんに下見する。

レンタカーは太閤口にあってすぐわかった。

学生時代は帰省の度にあれだけ新幹線に乗って名古屋を通過したのに、どういうわけか名古屋で途中下車したことは一度もない。新幹線ばかりに飽きて、新宿から中央線~中央西線を利用したことは数度あって、名古屋乗り換えと言うのはあったけどね。

続きを読む »

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく