« 低山にて、木の実たち | メイン | 低山にて、新コースを歩く »

2006-01-20

低山にて、展望

今日は高曇りというのだろうか。陽射しはないのに、遠くまでよく見渡せた。

南方向は剣山系が肉眼ではかなり見えていた。今まで、春、夏、秋と何度も登っているけど、こんなによく見渡せたのは初めてだ。

Dsc00484

東西に伸びた山脈が阿讃山脈の主峰たち。その奥にかすかに見えるのが剣山系。

手前は勿論讃岐平野。

Dsc00504 大きいサイズで撮影した切り取ってみた。

Dsc00506 もう少し東西の幅を取ってみる。

この画像は下る途中で撮影。

Dsc00496 北方面を見る。番の州の工業地帯と瀬戸大橋、岡山方面まではっきりと見える。

因みに東方面は紀州方面と思しき山々がかすかに見え、西の方角には伊予三島、川之江の製紙工場の煙突と立ち昇る煙がはっきりと見えた。地図で確かめたら、どうやら半径50~60キロに渡って見えていたようだ。

この天気でもこれだけ見えるのだから、冬場はいかに展望が良いかということがわかる。

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく