« 女4人で西赤石山へ、その7 | メイン | ヒナギキョウの仲間=ワーレンベルギア »

2006-06-13

リシマキア・コンゲスティフロラ

今、庭ではリシマキアが咲き誇っている。

リシマキアといっていろいろな種類があるらしいけど、うちで咲いているのはコンゲスティフロラという種類のようだ。

Dsc00429_3

サクラソウ科であのオカトラノオも仲間らしい。そういえば花の時期や葉っぱの感じなど似ているかも知れない。

この花を初めて見たのは5~6年前、友達の家だった。その友達も花が好きだが、名前などは分からないといっていた。その翌年だったかHCで苗を見かけて、即、買い求めた。

翌年にはこんもりと見事に咲いていたのが、家族の誰かが鉢を落としてその後株が元気がなくなった。その株から挿し芽をいくつか作ったのが一昨年の事。去年は大して咲かなかったのが、今年は見事に大株になった。

Dsc00425 とは言っても特に手入れをしているわけではない。

鉢に植えつけてそのままだが、もともと性質が強くてこんな風に枝垂れて咲くので、ハンギングにぴったりだろう。

花が終わったあとに挿し芽すると直ぐにつくようだ。

Dsc00379_3 少し接写気味の画像。

花が数個多、玉咲きするので、リシマキア・イエローボールとも呼ばれるらしい。

しかし、株が充実していないとこんな風に豪華に玉咲きはしないようで、去年の画像を見ると花が一つしか咲いていないようだ。

植えつけて1年でこんなに見栄え良く咲くしお手間要らずで、お薦めの花かも知れない。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/1251/4116698

リシマキア・コンゲスティフロラを参照しているブログ:

» リシマキア コンゲスティフローラ (卯の花日記)
リシマキア コンゲスティフローラ サクラソウ科の常緑多年草 原産地は中国 学名はLysimachia congestiflora リシマキア リッシー、リシマキア イエローボールともいう これまた葉色が気に入ったもの。やわらかい色の紅葉でうちにはない色だった。 リシマキアはいろいろな種類があるがこれは初めて見た名前だった。黄色い小さな花というのは予想の範囲内だったけれど、それが固まってボールのように咲くというのは予想外で(参照、見事です)、これも昨日のモミジバゼラニウム同様大... [続きを読む]

コメント

コメントを投稿

フォトアルバム
Powered by Six Apart

私のもうひとつのブログです。よろしく